カラフルスケッチ日記 blog Colorful Sketch  関本紀美子 Kimiko Sekimoto 

スケッチしながら感じたことや、現場の様子、ジパング倶楽部「カラフル駅舎の旅」連載のことなど、ポツリポツリ書いていきます

3月15日発売「ビッグイシュー331号」の特集に「ひと駅分のお散歩スケッチ/関本紀美子」が掲載されました。BIG ISSUE JAPAN VOL.331

2018-03-16 | スケッチ掲載誌
2018年3月15日発売の「ビッグイシュー・331号」の特集ページ「てくてくあるき旅」に
「一駅分のお散歩スケッチ/関本紀美子」が掲載されました。
[THE BIG ISSUE JAPAN ビッグイシュー日本版VOL.331 2018.3.15]

この雑誌「ビッグイシュー」という名前はご存知でしょうか?書店売りはしていません。
街頭で赤いベストを着た販売者が頭上に雑誌を掲げて売っているのを見かけた方もいらっしゃると思います。
ホームレス(現在ホームレスか、自分の住まいを持たない)の方の仕事をつくり自立を応援する取り組みです。
1冊350円で180円が販売者の収入になります。販売者は登録顔写真付きの身分証明書をつけて販売しています。
私は、新宿や新橋等で赤いベストの販売者を見たことはありますが、声をかけたことはありませんでした。
今回初めてビッグイシューを買いました。池袋東口の銀行脇で、雑誌を掲げている方に声をかけました。
雑誌をトランプのように扇方に並べて頭の高さに掲げています。10~15冊持つそうです。
右手、左手と持ち替えながら立ち続けます。
「ビッグイシューが発売されました」とか「いかがですか?」と勧誘してはいけないのだそうです。
誰かから話しかけられるまで無言で立っていました。
編集部から頂いた10冊を頭の高さに掲げてみました。重いです。15冊では1kgになりますが
「たくさん持った方がペラペラしないし、表紙がきれいに見えるでしょ」とのことでした。
記事の内容は気軽なお散歩スケッチのススメです。

見えにくいでしょ?ぜひ買って読んでいただきたいです。
3月15日発売の331号ですが、4月になってもバックナンバーが購入できます。
販売場所などビッグイシューに関することは
https://www.bigissue.jp/buy/
を観て頂けると嬉しいです。
ホームレスの人生相談がいい感じです。
コメント

ペンと透明水彩のスケッチギャラリー『カラフルスケッチ』を更新しました。 2018年3月 関本紀美子

2018-03-12 | ホームページ更新のお知らせ
ホームページ『カラフルスケッチへようこそ!』を更新しました。
表紙は中野駅北口の飲み屋街の一角にある、タコススタンドです。一週間のうち2日しか
開店せず、しかも数時間の営業というちょっと変わったお店。店が開いているうちに窓の中や
小物を描いて、店が閉まったあとは只管外壁と看板描き。2回ほど通って線を完成させました。
路地にはラーメンや揚げ物、焼肉の匂いが、換気扇から噴き出していました。
他にも、麻布十番パティオの骨董市や雑貨屋さん、自由が丘のスタンドコーヒーや池袋の
パン屋さん、国立や横浜のバラ等、10点をアップしました。 
ぜひホームページで大きく見ていただきたいです。



それから今までご紹介する場が無かった、JR会員誌「ジパング倶楽部」に連載した
『カラフル駅舎の旅』の一部を載せました。
メニューの横の棒をクリックすると[出版物・PUBULICATION]という項目がありますので、
チェックしていただけると嬉しいです。

   
『手帳スケッチ』の本がホームページから注文出来るようになりました。
右はホームページ『カラフルスケッチ』のQRコードです。
今までどおり『カラフルスケッチ』で検索いただくか
https://colorful-sketch.jp/ でも大丈夫です。
ぜひご覧いただけると嬉しいです。
コメント

早稲田大学中野校『ペンと透明水彩で描くスケッチ講座』受講生作品

2018-02-14 | スケッチ教室 と 仲間の絵
早稲田大学中野校『ペンと透明水彩で描くスケッチ講座』受講生作品をご紹介します。順不同。



こちらもぎっしりで申し訳りません。
アクリルに照明が映り込んでしまい見えにくくなっています。
ぜひ会場でご覧いただければ嬉しいです。
コメント

早稲田大学中野校『ペンと透明水彩で描くスケッチ講座』受講生作品展が始まりました。2018年2月 講師関本紀美子

2018-02-13 | スケッチ教室 と 仲間の絵
早稲田大学中野校『ペンと透明水彩で描くスケッチ講座』の受講生作品展が始まりました。
オープンカレッジの講座で、ペンと透明水彩を使って、教室でのモチーフスケッチや街に出かけてのスケッチを楽しんでいます。
まだまだ未熟な私達ですが、春と秋の講座で描いた作品をたくさんの方に観て頂けたらと、ラウンジで展示させていただくことになりました。ぜひお立ち寄りいただければ嬉しいです。

展  示   早稲田大学中野校『ペンと透明水彩で描くスケッチ講座』受講生作品展
        講師:カラフルスケッチ関本紀美子
期  間   2018年2月7日(水)~~~2018年5月31日(土) 
時  間   10:00~17:30  (日曜 休館)
会  場   早稲田大学中野校 国際コミュニティプラザ 1階ラウンジ  入場無料
住  所   東京都中野区中野4丁目22-3 
電  話   03-5942-7210(代表)


こんな感じです。絵と絵の間隔が詰まり過ぎ!とお叱りの声が聞こえそうですが、確かにぎっしり。ゆったりと観て頂けず申し訳ありません。展示スペースがここまでで、奇跡的に収まったところです。作業して下さったスタッフの方には只管感謝。

こちら側から見てもぎりぎりですね。出品した受講生の皆さんにも申し訳ありません。

もう少し寄ってみます

おひとり2点の展示で、野外作品とモチーフスケッチの組み合わせです。

野外作品は中野の北口、サンロードの東側の昔からの飲食店が軒を連ねる一帯を歩き回って描きました。

紅茶の箱や葡萄の同じモチーフも、配置の仕方や切り取り方、観察の違いが絵の雰囲気の違いに現れて、描き手の個性を感じます。パンなどはひとりずつモチーフを用意するので、さらに画面が変化に富んで面白くなります。

展示壁面の後ろの柱に、入りきらなかった講師:関本紀美子作品がひっそりと飾ってあります。
気付いていただけると嬉しいです。
5月末までのロングランなので、4月の春講座あたりで講師作品は展示替えしようかと考えています。
皆様のご来場をお待ちしております。
コメント

『手帳スケッチ』受講生作品展が始まりました NHK文化センター青山教室 講師:関本紀美子

2018-02-12 | スケッチ教室 と 仲間の絵
NHK文化センター青山教室『手帳スケッチ』講座の受講生作品展が始まりました。
私たちはペンと透明水彩で、身近なものを手帳サイズの小さなスケッチブックに、描いています。
カフェスケッチや旅先でのスケッチを気軽に楽しめるように、スケッチメモ・旅日記・絵日記の練習をしています。
いつもは教室でお互いの作品をを鑑賞していますが、もっと多くの方にも観て頂けたらという思いがつよくなり、
ロビーをお借りして展示することになりました。ささやかな展示ですが、この機会に原画を観て頂けたら嬉しいです。

展  示 NHK文化センター『手帳スケッチ講座受講生作品展』 
      講師:関本紀美子
会  期 2018年2月12日(月・祝)~2月23日(金)
時  間 平日9:30~20:30 
      土日9:30~16:00
      (最終日は18:00まで)
会  場 NHK文化センター青山教室 4階ロビー   入場無料 
場  所 東京都港区青山1-1-1 新青山ビル(青山ツインタワー) 西館4F
アクセス 銀座線・半蔵門線・大江戸線  青山一丁目駅直結  西館エレベーターで4Fへ

img

おひとりずつの枚数は少ないですが、タッチや雰囲気の違いが感じられますね。
会場では関本紀美子スケッチ作品によるオリジナルポストカードをプレゼントしています。数に限りがありますのでお早めにどうぞ。皆様のご来場をお待ちしております。

コメント

永沢まこと賞で取り上げていただいたアビニョンの「プラタナスのカフェ」

2018-01-20 | 絵をみていただく
「第14回永沢まこと賞」で取り上げていただいたアビニョンの「プラタナスのカフェ」が少し暗くて、パラソルの下が見えにくいので、こちらの画像を貼り付けてみました。お客さんとウエイトレスさん見えますか?
スケッチツアーの後、参加者各自が作品を見開き2ページにまとめた画集の、マイページです。
因みに受賞作のもう片方「ベラージオのセルベローニ坂」はこんな感じです。



スキャンした画像の色味の調節が難しいです。現場はこんな感じです。写真を撮るのに丁度いいスポットなので、写真を撮る方の邪魔にならないよう左右に場所を譲りながら描きました。雨曇りで壁の色が沈んで見えますが、ピンクがかったオレンジ色の壁は陽が当たるととても強い色が出てきれいでした。

コメント

2017年度『第14回 永沢まこと賞』を受賞! 2018.1

2018-01-19 | 一歩まえへ
嬉しいお知らせをいただきました。2017年度『第14回 永沢まこと賞』を受賞しました。
受賞者は6名。現場で描きっぷりを拝見してきた異才伊藤勉さん、交通会館の有志展や吉祥寺美術館の展示で原画を拝見して面白いな~すごいな~と注目していた関裕見子さん・米沢真二さん・豊田純丈さんと一緒に表彰されて嬉しかったです。特に、私の教室に在籍されていた当時から人物スケッチに注目していた阿部理さんと一緒に受賞できたのは二重の喜びです。

永沢まことさんの言葉「線スケッチは絵のスタイルではありません。絵を描くための最良の入り口であり、最強のトレーニング法です。」を胸に、現場で実物を見て描いています。
現場でスケッチいる時は楽しくて夢中で、描き終えた時は達成感でいっぱいで、しばらく時間をおいて見ると、まだまだだな~と我に返る日々です。でも、スケッチを続けたら、何か言い難いナイーブなものが線に現れると思います。
そう信じてこれからも描いていきたいとと思います。

受賞者全員の作品と永沢まことさんのコメントは「永沢まこと・オフィシャルブログ」 http://makoart.exblog.jp/ 今月のスケッチレポート でご覧ください。

関本紀美子ホームページ『カラフルスケッチ』を更新しました。http://colorful-sketch.jp/ 受賞作アビニョン・コモ湖の作品もありますのでぜひご覧ください。




コメント

明けましておめでとうございます

2018-01-01 | ありがとう
あけましておめでとございます。
昨年の個展では皆さまからいろいろなお言葉をいただき、ありがとうございました。
そのお言葉を胸に、描き続けております。直接お会いする方には新しい作品も原画で見ていただいているのですが、ブログ等での発信が出来ていなくてもうしわけありません。今年は・・と思いますが、三日坊主になるのが怖いので言わずに頑張ります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
コメント

2017『関本紀美子カラフルスケッチ展』にご来場いただきありがとうございました。

2017-04-26 | 2017年カラフルスケッチ展
2017『関本紀美子カラフルスケッチ展』が無事終了しました。最終日4月23日は3時間の展示でしたが、たくさんの方に見ていただけました。一時会場が混雑して、ご挨拶できない方もいらして申し訳ありませんでした。

社会人一年生の同期メンバー、スケッチメンバー、トイズオフィス面谷誠二代表もご来場くださいました。
JR会員誌「ジパング倶楽部」『カラフル駅舎の旅』の連載を担当して下さった編集者のおふたり。
全48回の駅舎を描くスケッチレポートはとても思い出深いお仕事でした。毎号のやり取りを思い出して胸がいっぱい。一度48駅全部の絵を展示したいとの思いが湧いてきました。


会場にお越しいただきありがとうございました。またメールやお手紙で励ましのお言葉を頂きありがとうございました。DMの配布をして下さった皆様、SNS等で告知して下さった皆様、お友達やご家族を連れてきてくださった皆様ありがとうございました。そして1週間会場でサポートして下さったMさん、Aさん、Kさん本当にありがとうございました。

これからも描き続けたいと思います。また展示の機会が持てましたら、その時はぜひお目にかかれれば幸いです。
コメント (2)

『関本紀美子カラフルスケッチ展』会場でのひとコマ 4月23日(日)15時まで開催中です

2017-04-23 | 2017年カラフルスケッチ展
『関本紀美子カラフルスケッチ展』の会場入り口の大きなポスターを制作して下さった茶木さん。
スケッチの仲間と一緒に来てくださいました。

トイズミュージックオフィスのスタッフとスタッフとレッスン生の皆さん。
7月15日(土)の手帳スケッチ・ワークショップのフライヤーを手にプロモーションにご協力いただきました。
地元の大切な友人は個展の告知やBGMの選定やパソコン作業までサポートして下さる心強い存在。
いつもありがとうございます!
では最終日、行って参ります。
会場でお待ちしております。
コメント

『関本紀美子カラフルスケッチ展』会場でのひとコマ 4月23日(日)15時まで開催中です

2017-04-23 | 2017年カラフルスケッチ展
『関本紀美子カラフルスケッチ展』4月22日の会場の様子です。土曜日でお子さん連れの方がちらほら。
JRの60歳以上のシニア会員誌『ジパング倶楽部』のコーナーが賑わっています。
2013年5月号から2017年4月号まで連載させていただいた『カラフル駅舎の旅』の資料に興味を持って読んで下さっています。北海道から九州までの駅舎と周辺のスケッチレポート48回分を見て、「本になったら買いたい」と声をかけていただき、嬉しく思いました。ジパング倶楽部を知らない若い世代の方にも興味を持っていただき嬉しく思いました。
海外スケッチでいつもお世話になっているツアーコンダクターのSさんもお越しくださいました。
コメント

『関本紀美子カラフルスケッチ展』会場でのひとコマ 4月23日(日)15時まで開催中です

2017-04-23 | 2017年カラフルスケッチ展
『関本紀美子カラフルスケッチ展』4月21日・22日の会場の様子の振り返りです。
元朝日カルチャー生徒さんと現役生徒さんが集合しました。

手帳スケッチでいくらでも話が続く先輩、伏見先生と教室の皆さん。
社会人になった時の同期入社のメンバー(ひとり先輩。誰でしょう)。30数年経っても元気で集まれることに感謝。
コーチの井原くみこさんとVISUAL UP GINZAの大谷典子さんいつも応援ありがとうございます。
ROMI FACTORYの永浦広海さんも駆けつけてくださいました。ありがとうございます。
コメント

2017『関本紀美子カラフルスケッチ展』は本日4月23日15時までです。 

2017-04-23 | 2017年カラフルスケッチ展



教室の皆さんを連れて連れてきてくださった茶木さん。
久しぶりにお目にかかった元生徒さん、現役生徒さん、他のお教室の生徒さんも、
みな永沢まことさんのスケッチで繋がっています。
野外スケッチを終えて会場で集合して下さった高橋広さんと「スケッチしよう会(合ってますか?)」の皆さん。
はなまるキャリア総合研究所の上田晶美さんにも応援していただいて。
最年少の生徒さんに、いつの間にか背を追い越されていて嬉しい驚き。
コメント

2017『関本紀美子 カラフルスケッチ展』会場でのひとコマ 4月23日(日)まで開催中です

2017-04-22 | 2017年カラフルスケッチ展






オープン初日12時になると同時にお客様。毎日の様子をアップしたいのですが、会期中は時間がとれず、おいおい振り返りの形でご紹介したいと思います。今日はコメントなしで初日4月18日のお写真だけ。大勢の方にご来場いただいたのですが、お客様が重なっている時は写真を撮り忘れたり、一段落して手が空いて会場の写真を撮ろうと思ったら、ガランとしていたり。。
コメントを書きたいのですが今日はもう会場に向かわねば。では今日も行って参ります。
コメント

『関本紀美子カラフルスケッチ展』が始まります。表参道交差点のサブウェイの左並びです

2017-04-18 | 2017年カラフルスケッチ展
今日のお天気は、朝は大荒れ、午後は夏のような暑さになるとか。
12時オープンですから、お天気が回復するとよいのですが。
地下鉄表参道駅のA3出口で地上に出て、左を見るとサブウェイと塚田農場という看板が目に入ります。

その左側の煉瓦の建物です。表参道ビルと書いてある入り口から、エレベーターで4階に上がってください。すぐ横が個展会場アートスペースリビーナの入り口です。


表参道の大きなけやきが美しい緑になりました。
ぜひお出かけください。
コメント