ベルママのリハビリ日記     

写真付きでリハビリの様子、リハビリ生活の喜怒哀楽、思い出と懐かしい品々。

朝の体操でも諦めていた右手を使わずに膝に置いてきぼりで片手で体操をしていた。神経が頑張って伸びようとしていることに気が付いて仲間に入れてあげることにした。

2017-06-15 17:17:25 | リハビリ

    右足親指に反応があったこと。

        チェストプレスのバーを右手でしっかり掴めるようになってきたこと。

何年もリハビリを続けていてもいっこうによくならなくて諦めかけていたのに。

 

今週になってからAKUUでマッサージをしているときに親指がピクンと反応した。

もしや?

ウイスターでは火曜日からチェストプレスに乗ってバーを掴んで100回漕ぐ間にも手が離れなかった。

 

この2点の結果を考えると、神経に変化が出てきたのだろうか。

希望が出てきた。

 

一ヶ月前から朝の体操をするときに上がらない右手も意識して上げる様にしていた。

こんなことでも神経に刺激を与えていたのか。

どんなことでも無駄なことは無いということでしょうか。

 

希望があるとわかると、もっともっとリハビリを頑張ろうという気持になれる。

 

顔も上を向いて胸を張って歩けるようになろう。

下を向いたままで鬱々としているわけにはいかない。

明日のリハビリが楽しみです。

どんな変化も大歓迎です。

ワクワクします。

(166-55444)

ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただければ励みになります。

応援ありがとうございます。

      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花好きの集まるリハビリ室、... | トップ | リハビリ仲間が昨日は大変だ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リハビリ」カテゴリの最新記事