ベルママのリハビリ日記     

写真付きでリハビリの様子、リハビリ生活の喜怒哀楽、季節の愛する花々と生き物。

介護が長くなるといつの間にかストレスが。愛情があっても不満がむくむくと。坐禅会で言われた言葉に救われた。

2018-03-25 16:21:26 | リハビリ

    留守番をしている時に台所からピッピッと警報音が。

立ち入り禁止と言われていたのに見に行ってしまった。

レンジのストッパーを全部確かめた。

慣れない男性の家事には申し訳ないので口をつぐんでいる。

流し台だけは綺麗に洗っているようだが・・・・

 

台所の床を見るとあちこちに小さなごみが散らかっていた。

あーあやっぱり。

 

8年になる介護生活。

慣れない家事を男性がしていると我慢が出来なくなりストライキ。

ストライキでも食事の支度には休みが無い。

片づけをするともう食事の準備。

食事に振り回されている、俺の人生を返せと時々不満が爆発。

申し訳ないと頭を下げるが思うようにいかないのが本音。

 

食事の支度だけで精一杯、掃除にまで手が届かないと言う。

ここまでやらせられるのかの思いがあるようです。

 

解かっていますよ。

 

朝の坐禅会から帰ってきた顔はすっきりとしている。

 

坐禅会で良い言葉を戴いた。

    作務(さむ)とは

一日不作、一日不食

  一日作(な)さざれば一日食らわず

    禅僧の言葉

 

作務とは掃除を指す

汚れたところがあるから掃除する、汚れていなかったら掃除は不要か。

汚いから掃除をするのではない掃除をすることで綺麗になる。

 

掃除を苦痛とは思わずに修行だと思うことにした。

なにか吹っ切れた気がするといって食事の支度に掛った。

 

リハビリに頑張って少しずつ家事が出来るようになろう。

 

ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただければ励みになります。

応援ありがとうございます。

       

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 鍛えなければならないのは足... | トップ | 体幹リハビリ、目の前の公園... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロコさんへ (ベルママ)
2018-03-25 17:21:11
ありがとうございます。少しずつ体力を付けています。諦めないです。

コメントを投稿

リハビリ」カテゴリの最新記事