気まぐれ爺じの自己満足家庭菜園&写真

ご訪問有り難うございます
気まぐれに菜園での野菜栽培に自己満足しています
訪問頂いた皆さんの参考になれば幸いです

とうもろこし栽培、受粉作業、カラス対策

2018年06月19日 | トウモロコシ

2018/06/19 今日からは本格的な梅雨の状態になります、その前に受粉作業を済ませ

毎年悩まされているカラス対策も済ませました

6月11日

全ての株に雄花が出穂しました(下図)

 

6月12日

雌花が出穂しました

 

6月14日

雌花に雄穂を切り取って受粉作業をした(確実に受粉が出来るように)雌穂の鬚に

花粉をつけます

 

6月15日

全ての雌穂がでましたので再度受粉作業をしました、雄穂は少し残しています

毎年悩まされているカラス対策ですがネットで囲うのも手入れの時苦労しますので

他の方法で昨年は蜜柑を入れて販売されているネットを被せましたがネットの外から

突かれて効果なしでした、あるブログで菜園の上空にテグスを1本張っただけで被害ゼロ

が12年続いているとの農家の人の記事を見ましたので今回は真似させてもらう事に

しました、菜園の端に高さ4mの支柱の先から防鳥糸を4本菜園上空に張りました

 

★ 毎日の様に菜園の端の電柱に何羽ものカラスが来ていたのが糸を張ってから4日間

  1羽も見なくなりました、偶然かも?先は長いので油断しない様に頑張ります

下図が防鳥糸の始点付近の画像です、見ずらいです(全体は糸が見えませんので想像して)

下図は使用した防鳥糸

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシをクリックでトウモロコシだけの記事を

  見る事ができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページをクリックしましたら過去の記事を

  見る事ができます

     ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうもろこし栽培、雄花が出穂、倒伏防止紐修正

2018年06月03日 | トウモロコシ

2018/06/03 此のところ成長が著しく雄穂が出始めました背丈も大きくなって来ました

ので倒伏防止紐を上方に修正しました

 

5月12日

未だ苗が小さいので早めに倒伏防止に紐を張りました

下図は倒伏防止紐と株の様子

下図は畝の様子

 

6月2日

下図は倒伏防止紐と株の様子

下図は畝の様子

下図は雄花が出穂した様子

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシをクリックでトウモロコシだけの記事を

  見る事ができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページ をクリックしましたら過去の記事

  を見る事ができます

     ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうもろこし栽培、間引きと欠株ヶ所に移植

2018年05月04日 | トウモロコシ

2018/05/04 昨日間引きと欠株ヶ所3ヶ所に間引きしたのを移植しました

移植した苗が馴染まなかったりした時の保険に間引きしないヶ所も残しました

 

4月30日

下図は欠株ヶ所に移植する候補の苗、1苗を掘り上げます

下図は欠株ヶ所に移植する苗を掘り上げた様子

下図は移植が済んだ様子

 

5月3日

成長の悪いのや虫に食べられたりしたのを間引きしました下図の場合左側を間引いた

上図で間引きした後の様子(下図)

下図は間引きと捕植が済んだ畝の様子

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシをクリックでトウモロコシだけの記事を

  見る事ができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページ をクリックしましたら過去の記事

  を見る事ができます

     ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうもろこし栽培、発芽が始まった

2018年04月27日 | トウモロコシ

2018/04/27 種まき後4日目に暴風雨に見舞われました、前日の予報では降雨量1mm

でしたので特に対策もしていませんでしたが雨が夜中から降り始めた頃あまりにも降り方が

強いのでこれはおかしいなあ、翌日朝の予報ではなんと20mmこのままでは種えの影響も

出て発芽しないのでは、種の播き直しも仕方ないと思いながらも菜園に雨の中を出かけました

菜園では金木犀が暴風で折れるのではと思う位に揺れて豪雨になって来ましたが畝にビニール

シートをなんとか被せる事が出来ましたが既に手遅れかもと半分諦めました

天候が回復した26日シートを除きましたらチラホラ発芽していました、ああ良かった

22ヶ所の内3ヶ所が発芽していませんでした、間引きの時に移植で解決できるので安心

しました

4月26日

下図は発芽した1ヶ所の様子

下図は畝全体の様子

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシをクリックでトウモロコシだけの記事を

  見ることができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページ をクリックしましたら過去の記事

  を見ることができます

     ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうもろこし栽培、畝作り~種まきした

2018年04月19日 | トウモロコシ

2018/04/19 品種、バイカラコーンカクテル84EXの種まきをしました

同じ型の畝を2畝使用して栽培します、有効期限が2017年10月のを畝の外周に

12ヶ所種まき穴を作り種まきしました、有効期限2015年10月のを畝の内側に

10ヶ所種まき穴を作り種まきしました、発芽率に差が有るのか確認する為です

 

株間30cm条間40cmの千鳥植えでの栽培です、1ヶ所に2粒の種を播きました

カラスや猫の悪戯が多いので保湿保温に不織布をべた掛けした上に防虫ネットを被せました

発芽したら取り除きます、雌穂が出始めたらネットで畝を囲います

昨年半数全滅の痛い目に遭っていますので二の舞はしたくありませんので今年はしっかり

対処します

 

3月23日

畝作りを始めました、堆肥は昨年末に投入済です

有機石灰、ボカシ肥料土壌っ子、バイオダルマ(菌体特殊肥料)、果菜肥料を漉き込み

ました(下図)

耕した後畝面を均一に均しました(下図)

最後に潅水して養生にマルチを敷きました、畝作り終了です(下図)

 

4月19日

1ヶ所の蒔き穴に2粒まきました、事前に穴にはたっぷり潅水しました(下図)

下図は種まき後培養土を入れた様子

次に不織布をべた掛けしました、もう一度潅水しました(下図)

最後に鳥や猫対策に不織布の上に防虫ネットを利用して被せました(下図)

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシをクリックでトウモロコシだけの記事を

  見る事ができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページ をクリックしましたら過去の記事を

  見る事ができます

     ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうもろこし栽培、こんな事があるのか、怒り、残念、冬瓜までも

2017年07月09日 | トウモロコシ

2017/07/09 雨の合間を縫って菜園に到着、今日は3日前に半数の収穫を

済ませ、雌花の出穂が遅かった残りの半数を収穫しようと畝を見てあら~何だ

畝の周囲に食べ散らかしたトウモロコシが散乱して

一瞬目を疑いました、昨年カラスに同じような目に遭いほぼ全滅したことで

今年は絶対に二の舞はしないと決心し対策をして前半の収穫迄何事も無く安心

していました、カラスは羽根を傷めない様に慎重な鳥だと研究者の話等を信じて

防鳥糸を狭い間隔で畝の周囲、天井に張り巡らし実にはナイロンのネットを被せ

て万全を期したつもりでした

全てが水の泡で残念です、目の細かいネットで畝を囲い隙間が無い様に天井にも

張れば被害は防げるでしょうが施肥等管理がしにくく面倒なので此の方法は避け

ました、最近はカラスの姿があまりなく、鳶が多く来ていましたのでこの仕業は

カラスでは無く鳶ではないかと思いますが鳶は野菜を食べるのかな?

もうどうしようもなく予定していた8本のトウモロコシの行先は全て無くなり

栽培は終わりました

下図は残していた8株に付いていた実が全て被害に遭った畝の様子

下図は畝の周囲に散乱した実の様子 1/2枚目

下図は2/2枚目

 

被害は冬瓜も

冬瓜が幼い頃はカラス対策に籠を被せていたのですがすいかの実に被せるのが不足

したので籠はすいかに回し最近収穫ネットを利用して実に被せていましたがネット

の外から突かれていました、此の傷から腐敗していくのかどうか分かりません

が取り敢えず籠を買ってきて被せました

下図は被害に遭った冬瓜の様子

本当に怒り心頭です、他の実の被害防止に籠を買ってきて被せました(下図)

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシをクリックしましたらトウモロコシ

  だけの記事を見る事ができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページ をクリックしましたら過去の

  記事を見る事ができます

    ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうもろこし栽培、半数収穫、すいかの状況とカラス対策

2017年07月06日 | トウモロコシ

2017/07/06 九州北部、福岡県、大分県、佐賀県は未曽有の災害に遭い

自然災害に人間の無力さを痛感させられます、TVで恐ろしい光景を目にして

この状況に遭われている方々の苦痛は想像に絶します、頑張って下さい

一日も早い終息を祈っています

昨年はナメクジ、アワノメイガの害虫対策が遅れカラスにとどめを刺されて失敗

しました反省から今年は早め早めに対策をしたのが効力を発揮したのか無傷で

育って来ました、ほぼ時期を同じくして雌花が出穂した8本の内1本の先端を

剥いで見ましたら実が先端までしっかり入っていましたのでこの8本を収穫し

ました、この品種は82日型です、今日で種まきから82日目になりました

 

下図は先端まで実が入っているのを確認した様子

下図は収穫した8本の様子、残りは8本です

 

※小玉すいかも受粉から31日目になり収穫時期が間近かですので念の為保護して

 いる枠を外し巻きひげの枯れと茎と実を繋いでいる所の産毛の有無を確認しました

 産毛が未だ付いていましたので無くなってから収穫しようと思いました

下図は果実の様子です

昨年は収穫寸前と未だ若い実をカラスの餌食になりその反省で保護籠を被せたのが

効いたのか無事に此処まで来ました、下図は保護籠の様子

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシ、すいかをクリックでそれぞれの

  記事を見る事ができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページ をクリックしましたら過去の

  記事を見る事ができます

    ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうもろこし栽培2017年、カラス対策した

2017年06月19日 | トウモロコシ

2017/06/19 想定外の時期に落花生被害に遭いましたのでとうもろこしに

カラス対策をしました、前回はアワノメイガ等害虫対策をしました

今回は雌花(実になる部分)に受粉作業をした後に蜜柑を入れるネットを被せ

ました、これだけでは安心できませんので畝の周囲に20cm間隔に防鳥糸

を張りました、カラスは頭が良くて目的にした野菜の近くに降り歩いて羽根を

たたんだままですので糸の間隔が広いと防鳥効果を発揮できませんので間隔を

狭くしました

上方に隙間があればそこからの侵入も考えられますので上部にも20cm間隔

で防鳥糸張りました

下図は今回使用した黒のテグス様の糸にキラキラした銀糸を巻き付けた糸です

下図はネットを雌花の上から被せた様子、抜けない様に止めています

下図は防鳥対策が済んだ畝の様子

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシをクリックでトウモロコシだけの

  記事を見る事ができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページ をクリックしましたら過去の

  記事を見る事ができます

    ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうもろこし栽培2017年、やっぱり!恐れていた害虫アワヨトウが出た、桃が1個結実

2017年06月12日 | トウモロコシ

2017/06/12 梅雨入りしてからお湿り程度の降雨が有っただけで今週は

降雨は無い予報が出ました

この様な天候の条件の中雄穂、雌穂が出穂してきましたので害虫のアワヨトウ

アワノメイガが出るのではと危惧して葉と雄穂の点検をしていましたらあら~

葉が食害に遭っていました(下図)

茎と葉の間に黒いものが見えたので細い針金で取り出してビックリポンですよ

何とアワヨトウの幼虫ではないですか全部の株を点検しましたが他に発見出来

ませんでした

念のためトレポン粉剤を雄花に噴霧しました、基本的に薬剤は使用しない方針

ですが放置していたら全滅の可能性がありますので最低限の使用は仕方がない

と思っています、この時期に使用しても問題ないので柔軟に対処です

下図は食害された葉の様子

下図は発見したアワヨトウ 1/2枚目

触ったら死んだふりをします、じっと何もせず見ていたら90秒位して動き始め

ました、一寸の虫にも五分の魂と良く言ったものですね

アワヨトウ 2/2枚目

死んだふりから動き始めると行動が早い事、すぐに歩き始めました

 

★ 桃(ジャンボ白鳳)が1個だけ結実して成長中、最後まで行けるかな

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシをクリックでトウモロコシだけの

  記事を見る事ができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページ をクリックしましたら過去の

  記事を見る事ができます

    ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうもろこし栽培2017年、雄花、雌花が出穂し始めた栗の花と赤ちゃん果

2017年06月10日 | トウモロコシ

2017/06/10 4~5日前から雄花が出穂を始めて今日は雌花が半数位

雄花は全ての株で出穂しました

雄花の出穂が済みましたので害虫対策をしなければとどの様にするか考え

ないと昨年の二の舞をしないためにも、カラス対策はもう少し先でも良いの

ですが

下図は出穂した雄花

下図は出穂した雌花

下図は畝全体の様子

 

★ お隣さんの栗の木が2本ありますが1本は花は皆無です不思議ですね

  もう一本は鈴なりに花が咲き、この差はなんだろう?

下図は赤ちゃん果と花の関係

 

※ ページ右側のカテゴリー欄のトウモロコシをクリックでトウモロコシだけの

  記事を見る事ができます

※ ページをスクロールして最下部の ≪前ページ をクリックしましたら

  過去の記事を見る事ができます

    ★ 訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加