きまぐれ鳥見んぐ

野鳥たちとの出合いを求めてのきまぐれ鳥見日記

*掲載している画像の無断複写・転用は固くお断り致します*

シギチ三昧日③’19.9/6

2019年09月13日 | シギチ日記
シギチ残り4種は中大型のシギたち。干潟に着いて最初に見つけたのが、アオアシシギだった。足が長くスマートな体形が羨ましい。あやかりたいものだ。


その近くには、やや小ぶりのシギが2羽。色合いやくちばしなどにあまり特徴がなく、何シギか最初はわからなかった。しばらく観察して、やや横長の姿勢や足の色、上面の色からキアシシギとわかった。


アオアシとキアシが飛び去ってしまったので、また先に進んでいくと、くちばしが細長く、下に曲がった中型のシギが1羽。チュウシャクシギ冬羽だ。


またしばらく進むと、水の中にポツンと1羽佇んでいたのは、オオソリハシシギ。でも、すぐに仲間が3羽飛んできた。4羽いるということか。しかし、しばらく観察していると、先ほどの1羽は、3羽のグループには入らずにまだポツンとしている。孤独が好きなのか?自分と似ているなぁぁぁ。エサとりの様子を観察していると、泥の中にくちばしを突っ込み、つかまえたカニをおもむろに水の中に入れて、またくちばしで挟んだ。これを2,3回繰り返してから飲み込んだ。砂や泥を水で洗い流してから飲み込んでいるようだ。


バッテリーが無くなったので、替えのと交換したものの、「あれっ、電源が入らないぞ。」そうです。充電しておくのを忘れていたのでした。まあ、だいぶ撮って、十分にシギチを堪能することができたので、今日はこれで十分です。今日は天気が良すぎて、写真の出来は今いちでしたが、とても楽しいシギチ三昧の一日でした。もう一回ぐらいは来たいなぁぁぁ。

【出会った鳥たち】干潟にて メダイチドリ1、トウネン6,7 、ハマシギ1、キョウジョシギ1、アオアシシギ1、キアシシギ2、チュウシャクシギ1、オオソリハシシギ4


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« シギチ三昧日②’19.9/6 | トップ | ヒタキ類2種’19.9.14 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シギチ充 (まぐぴ)
2019-09-13 20:20:18
すげーシギチ充しただなっす

まだ来てけろっす
今晩は (NOBU)
2019-09-13 22:52:53
シギチ充、これもすべてまぐぴ様のお陰でございます。有難うございます。そんなわけで、本日もお邪魔してきました。内容はほとんど前回と同じでしたが、チュウシャクからダイシャクに格上げなっていました。久しぶりに興奮状態での鳥見でした。いやぁ、楽しかったぁぁぁ。他に鳥見人誰もいないというのが最高です。独り占めでした。
全部で16種類 (まぐぴ)
2019-09-15 21:50:56
今日はシギチ調査に参加、アフタ入れて全部で16種類です。

すげーいいっすよ。
まぐぴさん (NOBU)
2019-09-16 09:45:54
おはようございます。
16種、すご~い!シギチ全種出た~という感じですね。
またまた行きたくなりました。家族が許してくれるかが問題ですが・・・。

コメントを投稿

シギチ日記」カテゴリの最新記事