(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

【ホンダ】CR-Z復活か!?米特許庁へ商標登録!「e HEV」ハイブリッド搭載か!?

2020年08月09日 07時02分10秒 | NEWS・業界情報

ホンダは「USPTO」(米国特許商標庁)に「CR-Z」の商標登録を申請していたことがわかった。CR-Zは、2010年にハイブリッドのコンパクト・2ドアスポーツとして発売され、その後2016年に生産終了となっていた。2017年には、「CR-Z」の商標が失効していたため、今回新たに申請されたようだ。北米市場での販売は2011年の11,330台をピークに、2017年には2,338台となっているほか、欧州では2010年に5,704台とそれほど人気を得ていなかった。しかし、北米市場において、「フィット」、「シビック・クーペ」、マニュアルギアの「アコード」3車種をラインアップから外す考えももっており、CR-Z復活の可能性は十分ありそうだ。パワートレインは、1.5リットル直列4気筒エンジン+電気モーターで、「フィット」から流用される「e-HEV」ハイブリッドを搭載すると予想される。また次期型では、高性能「タイプR」設定の噂もかねてからあるため、予想CGではタイプRを想定した。薄くシャープなヘッドライト、アグレッシブな大口エアインテーク、リップスポイラー、パワーバルジ、大型リアスポイラーなどのエアロパーツを装備、「NSX」を彷彿させるフロントエンドが期待できるかもしれない。


新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!! 

kimlogをご覧頂きありがとうございます   

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd   
 


コメント   この記事についてブログを書く
« 陸送会社がお盆休みなのでJU... | トップ | 仲間の協力を得て岐阜羽島か... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿