単独飛行

ひとり空をゆくように

美女とは

2018年09月17日 | 男と女
 美女とはどんな人だろうか。
 そんなの見りゃわかるだろうが、と言われそうだけど、話はそう簡単ではない。

 美女とは「自分が美女であることを知っている人」のことである。
 素質を持っていても、走ったことがない人はアスリートになれないのと同じである。

 自分で自分を「あたしって美女なのよね」と思うと、いろいろといいことがある。
 まず、「美女はこういうことはしないやろ」「美女はこんな言葉遣いはしないやろ」と、行動を少し考えるようになる。

 それでますます磨きがかかる。
 女性から嫌われても「私って美女だから嫉妬されるのよね」と、いいほうに考えられる。

 そういうお前は、美女だと思ってるのか、と思うかもしれませんね。
 趣味の仲間は男性ばかりで、しかも女ごころには非常に疎い連中がそろってるけど
 「きららさんは、まさか自分で自分を美女と思ってるんですか」
 と聞かれたことがある。

 野暮なこと聞くねえ。自分で自分を奮い立たせることは、男女のへだてなく、誰でも必要なことでしょう。
 でないと毎日化粧なんかできませんよ。
 「オホホ、今日も私、美しいわね・・・」なんて鏡に向かって微笑みながらするもんでしょう。

 所詮美女なんて目の錯覚である。
 とにかくすごい超ド級の美女ならともかく、市井の美女なんてよく見りゃ普通の人ですから。

 先日、ステーキ弁当を買って立ち去ろうとしたら
 「あ、お客さん、スープどうぞ」と言って、小さなカップに入ったスープを手渡された。
 アラいやだ、お兄さんったら、私が美女だからオマケしてくれたのかしら、やっぱ美女って得だわ、と思って受け取ると、
 私の後ろから来た人にも「どうぞ」と手渡していた。

 もうっ、私ったらぁ~カワイイ勘違い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 男にモテる方法 | トップ | 最後に一発 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。