喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

三崎高校創立60周年記念スローガン  「花橘 未来へ続く 道標」

2019-05-14 | ふるさと
 愛媛県立三崎高校の分校化が見送られた。
その立役者が地元出身の津田先生。

 そのドラマの裏側を熱く、優しく語っている。




「これはただの奇跡ではなく、三崎高校の存続を願い、
アクションを起こしてくれた人々の思いが結実したものである。

 すべての「結果」には、「理由」がある。
 5年前、文科省の土曜活用事業の指定を受け 、土曜日にも学校を開くことになった。
その際、地域と連携した活動を行ってはどうかと思い至った。

 今でこそ、愛媛県で、全国で「高校と地域の連携」が盛んに行われているが、
当時の愛媛県ではまだあまり盛んではなく、突拍子もない提案であったはずだ。
それを、当時の校長先生、教頭先生は快く受け入れ、バックアップしてくださった。

 それからの5年間で多くの先生、生徒、地域の方々に協力していただいて、
三崎高校の「地域おこし」は、今や学校の魅力の1つにまでなっている。
それが今回の、文科省の「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(地域魅力化型)」の指定であり、分校化回避につながっていたのだ。
そう、5年前のあの日に、この結果は約束されていたのではないかと思う。
 

 しかし、それは何の努力もなしに手に入ったのではない。
それを現実のものにしたのは、「地域のために何かをしたい」という生徒たちの熱い思いと、それを支えてくださった方々の力だ。
三崎高校の挑戦は次のステージに。

 三崎高校創立60周年記念のスローガンは「花橘 未来へ続く 道標」である。
先輩たちの姿を道標に、みさこう生は三崎高校存続という偉業をやってのけた。
 三崎高校は、来年で創立70周年である。
次の10年、20年に持続可能な高校を作っていくのが、三崎高校の「今」を生きる我々の次のミッションである。

 この最高にワクワクするミッションに我々は取り組んでいく。
みさこう 最高 さあ行こう!
日本で1番の高校を目指して、三崎高校の新たな挑戦が始まります。

 皆さん、一緒にワクワクドキドキしましょう!」



 四国最西端の地で、多くの人が熱く燃えている。
社会を動かすのは、何もすごい人だけではないのだ。
 熱い思いが時代をつくっていく。
まさに令和という時代にふさわしい。


            岬人(はなんちゅう)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 分校化が見送られた愛媛県立... | トップ | アップル創業者 スティーブ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふるさと」カテゴリの最新記事