喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

七夕の記録的な大雨

2018-07-07 | ふるさと
 先日から降り続く大雨。
昨日は大雨警報が出て、伊方町内の全小中学校は午後から下校。

 帰りが気になり、いつもより早く仕事を終え、帰路についた。
釜木を通って帰るのだが、今まで見たこともないような水。
川なきところからも水が噴き出していた。



 そして最も緊張が走ったのが、舟瀬川。
まるで滝のようだ。
細い道路が飲み込まれてしまうような。



 夜になっても雨足は激しく、到る所から鉄砲水が吹き出していた。

 
 そして今朝、窓を開けて釜木湾を見て驚いた。
茶色く濁っていた。



 こんな時は、山が崩れて土砂が流れ出たと考えられる。
災害の様子はどうなっているのかと考えていた矢先。

 とんでもないことが起こっていた。
上道路の入り口、タカヒラが土砂崩れ。



 遠くから見たところ、幅20メートル、長さ40メートルくらいに渡り土砂崩れ。
現場へ向かう。


                   岬人(はなんちゅう)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 伊方町、ふるさとの未来人口 | トップ | 七夕の土砂崩れ ~ふるさと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふるさと」カテゴリの最新記事