喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

なごり雪 ~バスを待つ私は、時計を気にしてる~

2018-05-27 | 感動
 先週の5月20(土)・21(日)に福岡で研修があった。
大学時代のなつかしい思い出をふり返りながら、博多駅発大分行きの高速バスを待っていた。




 そこで感動の出来事があった。

 大学時代、親友の一人に森君がいた。
田舎から出てきた私を森君の家族はみんなで気にかけてくれた。
しょっちゅう、夕ご飯に招いてくれて、家族の温かさを感じさせてもらった。

 うれしいことに、今でもそのつきあいは続いている。



 研修が終わり、携帯に入ったメールに気付いた。
森君の妹さんからだった。
福岡に行くという私のブログを見て、都合が会えば会いに来てくれるという内容だった。

 急いで、連絡をとったが、バス出発まであと1時間前のことだった。
 妹さんが急いで来てくれてもぎりぎりか、間に合わない時間だったので、
その気持ちだけいただき、感謝の言葉を伝えた。


 バスの待合場所に30分前に着き、ベンチに座り本を読んでいた。
次々と高速バスが到着しては、出発していった。
そしていよいよ15分前。大分行きの高速バスの表示が出た。

 その時、
「こんにちは。」
という女性の声がし、顔を上げたら、森さんの姿があった。

 ビックリし、一瞬何が起こったかわからなかった。
「間に合ってよかったです。」
の言葉に、心の底から感動がこみあげてきた。

 それからわずか10分ほどだったが、近況などを話しすることができた。
思わず、30年前の時間が巻き戻しされたかのようだった。


 まちは変わっても、変わらない人がここにはいる。
そのことがとてもうれしかった。

 名残惜しかったが、バスに乗り込み、見送ってくれる森さんに手を振った。

 ぜひまた帰って来たい。

このまちには、忘れられない人たちが暮らしている。


          岬人(はなんちゅう)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎者の福岡暮らし | トップ | 感動の八幡浜・西宇和中学校総体 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

感動」カテゴリの最新記事