喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

モスクワ出身のエレナの送別会

2018-05-08 | 喜久家ボランティア
 昨夜、モスクワ出身のエレナの送別会をした。
エレナは2月から喜久家ボランティアとして活動してくれた。

 初めのころは、日本語がほとんど通じず、むずむずとした感じだったが、
今やその上達ぶりはめざましく、簡単な会話のやりとりができるまでになった。
それとともに笑顔が増えた。

 日本語が大好きで、常にスマホで勉強していた。
源氏物語や川端康成、大江健三郎の作品も知っている。
驚くべき向学心。
 息子といろいろな話で盛り上がっていた。




 いつも驚くことがある。
この広い世界で、小さな小さな郷平礒で、人生の同じ時間を共にしている。
人生が刺激的になり、豊かになっていく。


 喜久家ボランティアの若者たちには、感謝しかない。



 こうしてつながった縁をずっと大切にしていきたい。
エレナは今日5月8日お昼に、岬めぐりのバスで出発する。
 エレナ、行ってらっしゃい。



          
          岬人(はなんちゅう)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「人生を生きた人物として」... | トップ | 定年退職された校長先生の姿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

喜久家ボランティア」カテゴリの最新記事