喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

ふるさと平礒に水道をひいた人 ~河野竹市 氏 ~

2018-06-09 | ふるさと
 蛇口をひねると水が出てくる。
こんな便利な生活になったのは、ふるさとの偉人がいたからだ。

 平礒では、都会に出て出世した河野竹市さんが、
ふるさとの水事情を便利なものにしようと、上水道を作るのに多額の寄付をされた。

 これにより、下の川や清水に水を汲みに行かなくてもよくなった。
水が貴重だったため、行水で済ませていたことが、各家庭に風呂ができた。

 ふるさとの人々の暮らしは、便利で豊かなものになった。

 この記念碑は、そんなふるさとの歴史を物語っている。
忘れてはならない。



         
                  岬人(はなんちゅう)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 田舎の金曜日の夜 | トップ | 梅雨の季節の風景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふるさと」カテゴリの最新記事