喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

島根県の峠ちゃんからのお土産  大吟醸 月山 ~扇~

2018-06-21 | 感動
 4月初め、喜久家に島根県出身の峠ちゃんが再び訪れてくれた。
人情味があり、とてもすてきな女性。
 平礒のことを「私の第二のふるさとのよう」と言ってくれた。
真の良さが分かる人。


 峠ちゃんからお土産にいただいていた日本酒を呑んだ。
「大吟醸 月山 ~扇~」

 島根県安来市広瀬町にある吉田酒造の逸品。

 島根県安来市広瀬町ー吉田酒造からのぞむ山「月山」には、
戦国時代における難攻不落の城として有名な富田城があった。
 この地では、その年の一番良い仕上がりの酒を「月山」と名付け、
一番樽(=最高の酒)として殿様へ献上していた歴史がある。

 この歴史背景になぞらえて、
「殿様へ献上していたような最高の酒を、常に造りつづける」
ことを目指し「月山」と命名したようだ。

 しかも「日本一柔らかい水」と言えるであろう硬度0.3の超軟水を使用して酒造りをしているようだ。




 一口、呑んでみる。
口の中に広がるフルーティーな味わい。
これが日本酒?
とさえ思ってしまうような。




 そんな地元の逸品を、峠ちゃんはお土産としてくれた。
その心遣いがすごくうれしい。

 こんな佐田岬の田舎にいても、
すてきな人とすてきな物に出会い、つながっていく。

 田舎暮らしを楽しんでいる。


          岬人(はなんちゅう)




 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 雨あがりのふるさと | トップ | 伊方町、ふるさとの未来人口 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

感動」カテゴリの最新記事