goo

ライブビューイング2018‐19の『連隊の娘』は、この作品の決定版。

2019年04月17日 15時02分54秒 | オペラ(歌劇)をめぐって

 ドニゼッティ『連隊の娘』を、今年のメトロポリタン歌劇場ライブビューイングで、先日鑑賞した。これは期待以上の仕上がりで、じつに幸福な気分になって帰宅した。

 

3月2日の公演を収録したもので、スタッフ、キャストは以下のとおり。

 

演出:ロラン・ペリー

指揮:エンリケ・マッツォーラ

マリー:プレティ・イェンデ(ソプラノ)

トニオ:ハヴィエル・カマレナ(テノール)

シュルピス:マウリッツィオ・ムラーロ(バスバリトン) ほか

 

 とにかく、こんなに愉快で楽しく、観終えてからしばらく、幸福な気分に浸れる『連隊の娘』は初めてだ。もともと、この作品は、セリフ交じりのコミック・オペラ的なフランス語劇だから、演出的に遊びの要素が入り込みやすいものではあるのだが、今回のロラン・ペリー演出は、さらに傑出した楽しさだった。

 ロラン・ペリーは、グラインドボーンでの『ヘンゼルとグレーテル』も、リヨンの『天国と地獄』も楽しかったが、どれにも共通しているのは、その子供のような屈託のなさだろう。マンガチックと言ってもいいような滑稽でポップな舞台は、この荒唐無稽で誇張に満ちた不思議なストーリーに、とてもよく似合っている。思えば、かのゼフィレッリが舞台美術を担当した2003年のスカラ座公演の映像でも、そのポップな舞台が現れていたのを思い出す。あのようなことが可能な作品なのだ。

 そして今回のMETライブビューイングは、指揮のマッツォーラが作り上げる音楽の流れが、また、じつに素晴らしい。のびやかなオーケストラの響きに導かれたマリー、トニオ、シュルピスの生き生きとして弾む歌声、舞台中を駆け回り飛び上がって歌う彼らの動きが、舞台のポップなイメージにとてもよく馴染んでいた。

 だが、何より私が感動したのは、先日(3月13日付の当ブログ)の『カルメン』で感じたパッチワーク的な継ぎはぎ感とは正反対の、ドニゼッティが目論んだ音楽的展開が見事に達成されていることだった。荒唐無稽なストーリー展開のすべてが、ひとつながりの音楽劇として、音楽的展開の中で完結しているのだ。だから、セリフ場面でも、決して音楽的な断絶がない。

 それを実現したマッツォーラの指揮の力量には、ほんとうに舌を巻いた。だからこそ、歌手たちが、あれほどに生き生きと弾んでいるのだ。彼らが、安心し切って歌っているのが、よく伝わってきた。歌だけでなく、ィェンデも、カマレナも、ムローラも、じつに達者な役者ぶりでもあった。私は、今回の公演映像を『連隊の娘』鑑賞での一押しとすることに、ためらいはない。1986年のサザーランド以来、30年を経て、ついに現れた決定版だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。