goo

クリスティーナ・ワレフスカの2019年リサイタルが終わって

2019年03月24日 19時17分09秒 | ワレフスカ来日公演の周辺

 昨日、東京・渋谷のオーチャード・ホールで行われた『クリスティーナ・ワレフスカ・プレミアム・チェロ・リサイタル』が成功裏に終了しました。前回2013年の来日では、彼女の体調に不安を抱えたままのツアーでしたから、思うように弾けないこともありましたが、今回は、手術、リハビリなどが順調に推移したようで、万全の体調での素晴らしい演奏を聴かせてくれました。体鳴楽器としてのチェロの豊かで大きな響きと、弱音での微かな息遣いが聞こえてくるような、はかない美しさも素晴らしかったです。

 そして、プロコフィエフ『チェロ・ソナタ』という、私たちにとって、新しいレパートリーにも触れることができました。半世紀ほど前には、ピアテゴルスキーが「苦悩」として描いていたプロコフィエフ晩年の名作を、ワレフスカは「明日への希望」として聴かせてくれたように思いました。まだ、完全にこなれているとは言い難い状態ではありましたが、もう一度聴いてみたいと思わせる説得力のある方向性を打ち出した演奏でした。ピアソラ『アディオス・ノニーノ』は、これまでのどの演奏よりも美しく、深い祈りにあふれていました。

 私が「不動のコンビとなった」と讃えている福原彰美のピアノも一段と磨きがかかって、彼女の美質である澄んだ響きの音楽が、ワレフスカの大きな振幅を持つ音楽を、軽やかに彩っていました。

 総じて充実した昨日の演奏会には、推薦文を執筆したひとりとして、私も、うれしさでいっぱいになって帰宅することができました。昨日、あの場に居てワレフスカの音楽に触れた皆さまに、深く感謝いたします。

 毎日、多くの方に訪れていただいているこのブログですが、昨日は、ことのほかワレフスカ関連の記事へのアクセスが多く、会場で配布されたプログラムに掲載されていた私の寄稿や曲目解説のためかと驚きましたが、改めて、ワレフスカへの関心を高めてくださった方が昨日だけでも数百人いらっしゃったのだと、ワレフスカの音楽の持っている「力」を感じました。

 

 

 

 

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )