日常のあれこれをそこはなとなく

写真、料理、ソフトバンクホークス、JAZZなどを書いていきます。最近ゴールデンレトリバーの女の子が来ました。

ブラックスクリーム

2018-11-02 06:27:14 | 読書
ジェフリー・ティーヴァーのリンカーン・ライムシリーズの最新刊『ブラックスクリーム』を読みました。



ニューヨークの路上で一人の男性が誘拐されるという事件が起きました。犯人は被害者のクビにロープをかけて、苦しむ被害者の声をサンプリングした音楽とともに動画サイトにアップしました。ライムは、誘拐現場で採取した微細物件と動画を手掛かりに、監禁場所を特定し、被害者を無事救出しました。



このコンポザーという犯人は国外逃亡し、イタリアのナポリで次の犯行を行います。今度の被害者は、リビアからの難民でした。ナポリに飛んだライムとアメリアは、イタリアの警察と協力してコンポザーを追い詰めて行きます。

新作の舞台は、なんとイタリアのナポリです。スピード感溢れる展開でこの作品でもスリルを味わわせてくれます。特に後半は、あれよあれよと進んでいっておいおいと言いたくなるようなジェットコースター状態です。最近はどちらかというとじっくり読ませるヨーロッパのミステリを読むことが多かったので、このシリーズの疾走感には圧倒されます。これがシリーズ13作目ですが、アメリカでは14作目も刊行されているようなので、次作を楽しみに待ちたいと思います。
コメント