日常のあれこれをそこはなとなく

写真、料理、ソフトバンクホークス、JAZZなどを書いていきます。最近ゴールデンレトリバーの女の子が来ました。

博多天神のネギラーメンと駒鉄のニラそば

2018-12-15 05:29:20 | ラーメン
博多天神は渋谷駅南口すぐにあるお店です。



このお店は博多の屋台などのように気軽に立ち寄ってさっと食べて行く、タッチアンドゴーをコンセプトにしています。時間がないときに立ち食いそばのように利用できます。スープは豚骨の博多風ですが、いささか薄いです。テーブルにある紅生姜や高菜漬けなどをおもむろに投入して各自塩分を調整するといいと思います。麺は細麺ストレートの博多風です。替え玉一杯は無料なので、これも各自腹具合に応じて頼むといいと思います。半分というオーダーにも応じてもらえます。



駒場東大前の駒鉄に久しぶりに行きました。つけ麺メインのお店ですがラーメンもあります。券売機の下の方にニラそばがあったので頼んでみました。予想に反して、ニラのみじん切りが全面に浮いた一杯が出て来ました。スープは魚介系のしっかりしたスープです。かなりポイント高いです。ひき肉炒めのピリ辛と魚介系スープがうまくマッチしていい味わいです。麺は細麺角断面の柔らかめの麺ですが、これが意外にコシがあって柔らかコシありという技ありの麺です。錦糸卵という隠し技も使ってあって、ポイント高い一杯です。ぜひ食べてみることをお勧めします。
コメント

CAMINOの坦々麺と青蓮の坦々麺

2018-12-08 06:17:44 | ラーメン
寒くなると坦々麺指数が上がります。



おなじみCAMINOの坦々麺です。ここは野菜つけ麺が有名です。つけ麺をやっているお店は麺が抜群のところが多いです。ここもつけ麺の麺とラーメンの麺は別ですが、中太角断面のもちもちこしのあるとっても美味しい麺です。スープは鶏ガラベースに山椒と胡麻の香るこくのあるスープです。生のキャベツが入っているのがアクセントになっています。凡百の坦々麺を寄せ付けない圧巻の一杯です。



こちらは中華料理のお店青蓮の坦々麺です。ランチメニューでご飯と小鉢が付きますが、ご飯は遠慮しました。鶏ガラベースのスープはちょっとあっさりで、あまり坦々麺らしくないです。麺はラーメンと共通の中細麺で可もなく不可もなくです。このお店は女性のお客さんが多いせいか、けっこうあっさりな一杯です。
コメント

泪橋のカラマンモスと麺屋武蔵外骨外伝の角煮ラーメン

2018-12-01 05:33:55 | ラーメン
溝の口泪橋に行きました。



このお店は駅からちょっと距離がある上に開店してすぐの時間帯でしたが、もうほぼ満席でした。マンモスという名前にビビりましたが、それほど二郎系ではなくて助かりました。とはいえ、かなりのボリュームです。スープは、豚骨醤油ベースだと思いますが。見た目ほど辛くなくてしっかり味わえます。ちょっとぬるめでしたが、意外にこの構成には合っていました。麺は角断面の太麺でもちもち美味しいです。ここはまた行こうと思います。



久しぶりの麺屋武蔵です。この前来た時は店の前に行列があって、断念しました。スープは魚介系に醤油が香る意識高い系の孤高のスープです。ずっと飲んでいたくなります。麺は中太縮れ麺で腰があってしこしこしています。これもずっと食べていたくなります。角煮は口の中でほろっと崩れます。肉の旨味と煮汁がじわっと広がります。他の麺屋武蔵にしばらく行っていないので、今度遠征しようと思いました。
コメント

きたかた食堂のチャーシュー麺醤油とばんからのからい麺

2018-11-23 07:29:25 | ラーメン
きたかた食堂は神保町のお店です。



先日スキー部の用事で神保町に行った時に入りました。以前は別のお店でしたが、とっても賑わっていました。スープは鶏ガラ魚介系のあっさりしたスープで、醤油が香ります。昔スキーの帰りに喜多方によく寄っていましたが、その時のラーメンを思い出しました。そんなに熱くないのですが、このスープはこの温度がぴったりだと思いました。麺は中細縮れ麺で加水率に高いしこしこした麺です。チャーシューは四種類のチャーシューから三種類まで選べます。僕は2種類選びました。大変レベルの高い一杯でした。



ばんからは立川にあるお店です。スキー部の総会があった帰りに寄りました。スープは豚骨ベースに辛味噌で濃厚な仕上がりです。背脂がちょっとしつこい感じですがいいバランスです。麺は中細麺でもちもちです。トッピングも美味しくて、この季節あったまるにはちょうどいい一杯でした。
コメント

あざみ野家の全部のせ醤油と侍の全部のせ塩

2018-11-17 05:35:23 | ラーメン
今回は横浜家系の全部のせ対決です。



あざみ野家は、僕がよく行くあざみ野のペットフォレストの近くに新しくできたお店です。以前はちょっと変わったコンセプトのラーメン屋さんでした。おススメの全部のせ醤油を選びました。スープは豚骨醤油の濃厚な家系スープです。家系によく行きますが、スープが惜しいお店が多いです。しょっぱ過ぎたり薄かったりでなかなかど真ん中のストレートが来ません。このスープは好みのど真ん中でした。ただ気持ち温度が足りない感じはしましたが、味はバッチリです。麺は中太麺角断面でもちもちです。トッピングも美味しくて、よくできましたの一杯でした。



僕の中での家系の基準は、この侍の一杯です。醤油も美味しいのですが、この豚骨塩をよく頼みます。ちょっと塩っ辛いので薄めに作ってもらいます。豚骨塩のどろっと濃厚だけど切れ味抜群のスープです。侍だけに一刀両断されます。麺は太麺縮れで、しこしこです。トッピングも豪華で、この焼豚だけでも食べる価値があります。僕はこの一杯で家系ラーメンにおける海苔の重要性に気づかされました。それにしても、いい加減歳なのでこういう家系のそれも全部のせなど食べるとLDHやらγGDPやらがえらいことになるので、自重しなくちゃなんですけど、困ったものです。
コメント