蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

六義園 梅の咲きだし

2011-01-31 20:44:26 | 古民家、庭園
冬型の気圧配置が強い日に、六義園を訪れた。


日本海側では風雪が猛威をふるっているのだろうが、関東の平野にはくっきりとした日差しが降り注ぐ。
冷たい北風が吹きぬけ、出汐湊辺りにはこの季節、特に目をひくものもない。人が少ないのが、唯一の取柄か。


よく見れば、雪つりされた松もそれらしいアクセントにはなるのだが、風景としてあまりにも長閑で厳しい冬を思わせる姿とも言い難い。




春近い日差しの中、藤代峠の麓で白梅が咲き始めていた。


江戸の大名屋敷の洗練が、花の姿に不思議な迫力を添える。




この日は、園内に本当に人影が少なかった。2月に入ってしまうと、梅まつりの行事が行われ、大変な人出になってしまう。


吹上茶屋の近くの紅梅もぼちぼち咲きだしである。


『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 馬場家(2)  松本市 | トップ | 蕎楽亭 辛みおろし  神楽坂 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
kikouchiさん、こんばんは (Rio)
2011-02-01 01:15:59
青空に白梅、
こういう風景を見ると気持ちはすでに春になりますね^^
今日はめちゃくちゃ寒かったですけど。。。
春の先駆け、これから1ヶ月で各地で梅が花開いて
来るのでしょうね。
楽しみな季節が始まります^^
あたたかい画 (卯月)
2011-02-01 19:58:36
梅の美しさがもう楽しめるんですね。

素晴らしい。

我が家の周りは雪壁に阻まれ、
車や人が顔を出すとドキっとします。

もう雪はしばらくいりません!
って思っていてもくるときはくる!
Unknown (j-garden)
2011-02-01 20:43:27
太平洋側は、
もう、梅が咲いているんですね。
自分も長野に来る前は、
そういう生活でしたが、
今は…。
日々の寒さが辛い、
そういう年齢になりました(苦笑)。
Unknown (kikouchi)
2011-02-02 00:15:19
Rioさん、こんばんは
全く根拠のない一個人の感想ですが、今年の梅は、例年と比べてもひときわよく香るように思いました。
咲きだしの樹でも、すっぽりと梅の香りに包まれているような印象がありました。
関東の庭園は、常緑樹が多く季節感に乏しいなかで、梅の花は季節が移る事を、はっきりと伝えてくれます。
Unknown (kikouchi)
2011-02-02 00:21:47
>卯月さん
日本は四季の移り変わりがはっきりしているだけでなく、国土の中での気象の違いが激しいと感じています。
特に、この季節の関東と、日本海側の気象の違いは、たった数百キロしか隔たっていない場所とは思えないほどです。
雪のある地方は、本当に大変だと思います。
せめて、梅の花の姿から、春の息吹を感じていただければと。
Unknown (kikouchi)
2011-02-02 00:32:12
>j-gardenさん
今年の雪は並みではなく、さぞやお疲れのことと思います。
関東でも空っ風が寒い、などと言うのですが、それは装備が軽すぎるから、だと思います。
それでも、雪の下の命は冬の時期に全滅する訳ではないと、この日梅を見ながら感じました。
本当に厳しい日は、この冬にはもう数える位しか無いように思います。

コメントを投稿

古民家、庭園」カテゴリの最新記事