蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

丸昌  赤沢

2013-10-23 22:20:44 | 日本料理
午前の後半、伊豆高原で軽い運動をする。この季節としては例外的に日差しが厳しく、ごく軽く身体を動かす程度にした。それでも、十分な汗をかき、温泉につかりさっぱりとする。


その後、車で十数分の丸昌さんを訪ねる。
こちらは赤沢湾の磯場に魚を育てる店。予約も何もしなくても、途方もない鮮度のお造りが出てくる。


この伊勢エビの生き造りのめでたさよ。
ともかく、これは本気で旨い。


ヒラメの味も濃い。この鮮度で出てきたら、普通は大注目なのだが、伊勢エビの力にいささか押されぎみな印象がある。
本当に人間の舌の薄情なことよ。


地物のアジは、伊勢エビを相手にしても、意外なまでに健闘した。
その味の説得力は、実にたいしたものだと思う。




サザエにアワビ。
やはり貝類の味は深い。味のかたまりという感じがする。このお店ではそれを、割と気楽に食べられる。


〆は海老から出る出汁を使ったお味噌汁。この一杯のために、さらにお酒を注文してしまった。


このお店、最初に訪れたのは50年位前の事。この世界には、これ程までも旨いものがあるのだというのが、その時に受けた印象。それ以来、グルメ魂が深くしみ込んだような気がする。
再訪するには二十年以上を要したが、お店の味のキレから感じるものは、まったく変わらない。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 三養荘  伊豆長岡 | トップ | 菊亭  丸の内 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2013-10-26 22:12:02
50年前、
20年以上…。
そんな前からのお店でしたか。
そういう付き合いができるなんて、
素敵なことですね。
それにしても、
新鮮な海産物の数々。
ため息です。
Unknown (kikouchi)
2013-10-27 00:06:29
>j-garden-hirasatoさん
およそ50年前、私は味なんて分かる訳ないような年齢でしたが、こちらの活き造りだけは記憶に染みついて離れないものでした。
少し建て増してはいますが、お店の様子は殆ど変わりがありません。
次の50年も変わらず、続けて欲しいものだと思っています。
そのためには、海の環境をちゃんと守る必要がありそうです。

コメントを投稿

日本料理」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事