蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

石泉荘  新発田市

2012-07-11 22:44:37 | 古民家、庭園
石泉荘は新発田川を庭の中に取り込んだ屋敷である。今日でも、それなりの流れが庭の中を流れていく。


池のように見えるが、新発田川は結構な勢いで流れている。水面に浮いた枯れ枝がどんどん流れていく。


離れとともに有形文化財登録された茶室は、新発田川左岸にある。昨年までは、右岸の離れ周辺までしか公開されていなかったので、初めて姿を拝見する事が出来た。




同じく左岸にある母屋の前にある茶庭が何とも素晴らしい。ただし、この庭は公開されていないので、順路をたどる間に横目で眺める程度となる。


新発田川の中の島へかかる石橋と、有形文化財登録された離れ。




振り返れば、見事な石組を伴う滝。この滝は、水量も、下降距離もそれなりの規模があり、離れ座敷からずっとその水音を聞くことが出来る。


中の島から、母屋へは別の石橋を渡ることになる。






この離れは、この一帯が花町となった時代に花菱なる料亭として使われていたが、明治37年の火災で焼失。この建物が移築されたとの事。その後、石崎家の所有となる。
庭園や離れは公開はされているが、昼食などの弁当をいただく事が前提になっているようだ。それがないのが、特別公開日のようで、新発田市の観光ボランティアガイドが主催しているようである。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 蕎麦処 天和庵  ふじみ野市 | トップ | 一二三  越後湯沢 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2012-07-13 06:11:03
この庭園は、
知りませんでした。
京都の庭園と比べても、
全然見劣りしないほど、
しっかり造り込んでありますね。
驚きました。
食事をしないと拝観できないのてすか。
お値段が気になります。
Unknown (雪だるま)
2012-07-13 06:18:02
ここもまた見事

いやいや
知らない名庭園
数多くあるものです
Unknown (kikouchi)
2012-07-17 21:14:06
>j-garden-hirasatoさん
普段の日は、食事処となり、2500円程度のランチをいただけば、お庭を見学できるようです。それが、特別公開の日は700円で、茶菓子付きで見られます。
明治の初頭には、新潟は本当に豊かな地主が数多くいたようです。
日本海を中心とした水運文化の最後の姿のように思われます。
Unknown (kikouchi)
2012-07-17 21:22:59
>雪だるまさん
新潟平野には、新田開発に伴い江戸末から明治にかけて大変な富が集積した。それとともに、柏崎などで庭師が多数育成された。という、過去があり、それらの庭園は二次大戦の被害で一時荒廃したが、それなりの時間をかけて修復されているのが現状のようです。
公開される機会がそれ程多くなく、名は売れていませんが、なかなかの庭園が存在する地域です。

コメントを投稿

古民家、庭園」カテゴリの最新記事