蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

イスラム横丁  新大久保

2018-01-30 23:13:41 | エスニック料理
東京の中にも異界は存在する。例えば、新大久保の駅で下車し、目の前の道を渡り数十メートル西に移動。
飲み込まれるように路地に入り込んで、さらに数十メートル。イスラム横丁が出現する。


冷凍の素材を提供するお店が主流だが、冷凍の素材をそのまま食べさせるお店も存在する。




西域の小型の餃子。魅力的な味わいであった。




さらに刺激的いなメニューを求めれば、羊の脳みその炒め物。
問題が生じて、アメリカ産の仔牛の脳みそを食べられなくなって何年だろう。
この味わいは、本当に久しぶりであった。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大寿司本店  長岡市 | トップ | 佐藤家住宅  新潟県魚沼市 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2018-02-03 11:05:18
イスラム料理ですか。
羊の脳みそ、
興味はあっても、
一人ではなかなか踏み込めない領域ですね。
Unknown (kikouchi)
2018-02-05 20:54:40
>j-garden-hirasatoさん
そもそも狂牛病の時代から牛や羊の脳味噌はスーパーから消えてしまい、ずっと寂しい思いをしていました。日本は非常に規制が厳格ですが、これだけ旨いものならば世界のどこかで食べ続けているのだろうと勝手に想像していました。新大久保でそれに邂逅することができ、感激の1日でした。

コメントを投稿

エスニック料理」カテゴリの最新記事