蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

村川家  目白台 文京区

2019-06-10 19:55:47 | 古民家、庭園
大正9年の建築。施主の村川博士は「住食衣」主義を主張した。まず、なにより住まうところ。そして食うものという順序づけである。


この館は公開されていないので、館が面している通りから中をうかがうことしかできない。
通り近くには洋館が建ち、その奥に和館がある。


洋館の様子はなんとか見ることができる。


奥の和館は雨戸を閉め切っていて、本来ならば豊かな表情を見せてくれるところを、何も見せてくれない。
コメント   この記事についてブログを書く
« 鍋焼きうどん  福寿庵 湯沢町 | トップ | カオ ソーイ  ハヌマン’ズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古民家、庭園」カテゴリの最新記事