蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

夕焼けの山

2009-11-20 23:47:14 | 自然
本格的な冬に入る前の妙高の夕暮れの姿です。


手前の雑木林が紅葉していますが、それだけではなく山全体が赤く色付いて見えます。
これから先は、厳しい雪の世界に閉ざされるのですが、直前の姿だと思います。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 耕雲寺  更埴市鼠 | トップ | ローストビーフ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden)
2009-11-21 22:25:12
妙高ですか。
もうすぐ、
真っ白になりますね。
Unknown (kikouchi)
2009-11-22 21:22:16
>j-gardenさん
雪をかぶった姿も大好きなのですが、紅葉シーズンの夕暮れ時で、浮世絵の「赤富士」のように茜色に染まって見えました。
Unknown (おーちゃん)
2009-11-24 09:04:20
なんと美しいのでしょう!
何時間でも見とれてしまいそうです。
Unknown (kikouchi)
2009-11-25 22:47:14
>おーちゃんさん
この夕暮れの景色の賞味期限は、せいぜい20分です。それを過ぎれば、空自体には夕焼けの気配が残りますが、山の姿はシルエットとなります。
Unknown (Z33)
2009-11-28 15:56:11
名山、ですね。
上信越道で信濃町ICに向かう時、豊田飯山ICの先で長いトンネルを4本抜けますよね。
その最後の4本目の一番長いトンネルの出口で、青空をバックに屹立するこの山が
視界いっぱいにバーン!と飛び込んでくる光景が好きです。

豊田飯山までは晴天だったのに、4本目のトンネル抜けたら雪だった、ということもありましたが(苦笑)。
Unknown (kikouchi)
2009-11-28 20:54:22
>Z33さん
>トンネルの出口で、青空をバックに屹立するこの山が視界いっぱいにバーン!と飛び込んでくる光景が好きです。
全く同意です。
もう何年も前になりますが、4月初めの満月の晩の夜半過ぎの事を忘れられません。
妙高には完全に雪が残っており、月の光でも冴え冴えとした姿をバーンと見せてくれました。
その先の、左カーブを曲がりきると今度は黒姫山が。
真昼のように見えた事を、忘れられません。

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事