蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

すし茶屋  吟遊

2009-01-22 21:40:52 | 寿司
この処の贔屓は「やなぎ」さんなのだが、たまには場所を変えて、吟遊さんに出前をお願いしてみた。お店は神楽坂に近い。


イクラに雲丹に海老。
開店当初はマグロのいろいろを食べさせる店で売っていたのだが、それ以外のネタにも思わず目が行ってしまう。シャリ少なめ、ネタ多めの今時の好みをかなえてくれる。



穴子巻に、鉄火巻き。どちらも海苔まで含めて役者がいい。




フカひれに赤身。
平目にトロ。
フカひれは珍しいが、相手に不足はないようだ。違和感はあるがそれを自分の頭の中で増幅させない方がハッピー。フカひれが持つ食のコンテキストをソフトランディングさせられるか、が評価の分かれ目につながりそうだ。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 牛島神社  向島 | トップ | 豚肉とタマネギの炒め物 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おーちゃん)
2009-01-23 10:16:01
フカヒレのにぎり寿司ですか。
さすが江戸前!粋なネタですね。

僕は、以前、京都で食べた「ハモの押し寿司」が未だ忘れられません。
Unknown (kikouchi)
2009-01-23 22:49:55
>おーちゃんさん
フカヒレは中華料理の伝統を引きずっていて、いわゆる粋な感じは受けませんでした。
このまま突っ走って焙りフォアグラ握りとかやめてくれよー、とも思いました。それでも、まー美味しかったですけど・・・
ハモは京料理の伝統的素材で、それは本当によい取り合わせだろうと思います。

コメントを投稿

寿司」カテゴリの最新記事