蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

江戸変わりそば 飯嶋  三島市

2013-10-19 22:05:38 | 蕎麦
小松宮親王の別邸であった楽寿園の南出口の隣りにあるお店である。


園内の池は水が枯れて、底が見えてしまっているのだが、このお店の近くには見事な流れが見られる。
この水はなかなかのものと、お見受けした。


このお店では常時、5種類の蕎麦が用意されている。
基本となる更科。
更科に、ちょっと変わった味を打ち込む変わり蕎麦が2種類。
そして、二八に田舎である。
こちらのお店の三色は、5種類の中から好みの3種の蕎麦を指定できる贅沢なもの。


御主人が最も力を入れていると推察される更科を入れるべきだったのかもしれないが、そこはあえて黒ゴマ切りの変わりそばとした。
後の2種は、二八に田舎。かなり保守的な選択にも見えるかもしれないが、やはり二八も、田舎も外すわけにはいかないだろう。
とても繊細な味わいを目指している感じで、和菓子の老舗の店先で、お菓子と抹茶をいただいているような印象であった。
きちんと出汁が効いているが、あくまでも行儀のよい汁と合わせると、粉を打ち込む丁寧な仕事の輪郭が見えやすくなるような気がした。


ご馳走様でした。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 楽寿園  三島市 | トップ | 三養荘  伊豆長岡 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2013-10-20 08:41:16
三島は、
富士山に降った雨が
伏流水となって湧きだしているので、
水がきれいなことで有名です。
楽寿園の池の水が枯れたのは、
工場の地下水の汲み上げで原因でしょう。
地下水の水脈が変わってしまったんですね。
残念です。
Unknown (kikouchi)
2013-10-20 20:45:53
>j-garden-hirasatoさん
お店近くの流れは、三島の街の方々も多いなる関心をもっておられるようで、非常に良好な水質を保っているようでした。
ボランティアの方が貼りつき、川魚の稚魚も放流されたようです。これだけのエネルギーをかければ、楽寿園の池もそのうちに復活するのではないかと期待大なりです。

Unknown (雪だるま)
2013-10-21 06:20:46
変わった蕎麦ですね

5種類全部食べれたら
いいんでしょうけど
3種類ですか
悩みそうです(笑
Unknown (kikouchi)
2013-10-21 21:31:10
>雪だるまさん
こちらは洗練のお店です。田舎といいながら、蕎麦の切り方が高度で見事なエッジjが効いています。これは、加水量が少なめの、お菓子屋さんのような感覚が前面に立つお店です。
このお店の基本はさらしな、でしょう。今思い直しても、それを入れるべきだったように思います。

コメントを投稿

蕎麦」カテゴリの最新記事