蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

諏訪大社 下社秋宮

2013-11-16 21:04:19 | 神社仏閣
杉の大木で囲まれて、神秘的な趣があった。


清めの水は温泉が用いられ、龍の口からは湯気が立っている。肉眼でははっきり見えるのだが、なぜか写真ではほとんど写らない。


しめ縄の立派なこと。




菊の華の品評会が行われていた。
この場所にまさにふさわしい展示だと感じた。


大社の門を出て直ぐのところにある和菓子屋さん。
140年の伝統があるそうだ。


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 富寿司  高田駅前店 | トップ | 仏法紹隆寺  諏訪市 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シャレード)
2013-11-17 12:35:21
下社の静けさが好きです、菊の品評会は秋宮に似合いますね。
こちらには何度か参拝にでしたが、残念ながら秋には伺っていません。
新鶴さんの佇まいは和菓子屋さんらしさがありますね。
ここの塩羊羹好物なのです。
和服姿の女将さんとこの町屋風の建物がマッチしていました。
Unknown (kikouchi)
2013-11-17 23:16:11
>シャレードさん
門前西方の小道に沿った旅館んの多くは古民家再生の術が使われたようです。
恐らくではありますが、古民家再生のモデルというか、軸になったのが新鶴さんのように見えます。

菊の華の品種の新たなる工夫、まさしく江戸人の気風を継いだ、時間をかけた趣味と感じられます。
Unknown (雪だるま)
2013-11-18 05:49:38
手水舎の水がお湯
ここだけでしょうね(笑

諏訪大社
懐かしいですね
もう数年訪れていません
Unknown (j-garden-hirasato)
2013-11-18 23:30:22
この時期は、
菊花展をやっているんですね。
昨年の街道歩きの折、
この和菓子店にも寄りました。
諏訪は、
何度行っても楽しめるところ。
写真を拝見していて、
また、行きたくなってきました。
Unknown (kikouchi)
2013-11-19 00:14:44
>雪だるまさん
私は今回、初めて訪れました。
門前町が諏訪湖沿いに形成され、そこを通過する限りは世俗的都市ですが、諏訪大社に近づき最後の演出で神秘的な印象が強くなりました。

やはり山を、北向きの背後に背負う寺や社には、独特な迫力があるようです。
Unknown (kikouchi)
2013-11-19 00:30:43
>j-garden-hirasatoさん
諏訪周辺は、江戸期からみて信州でも、最も文化が栄えた所だと考えています。見ごたえのある庭を要する寺が、いくつもあるようです。

少し北を目指せば、松本までは文化の香り高い街道が続きますし。
本格的な冬の前にもう一度訪ねたいものです。

コメントを投稿

神社仏閣」カテゴリの最新記事