あれこれ雑記

見たまま・・・ 感じたまま・・・ 思いつくままに・・・

歯科医院

2006年05月29日 | Weblog
歯痛を1週間も我慢
痛さのビークは過ぎてしまったが 左頬はプックリ
普段からプックリしているものの さらに大きく…
さらに ぶさいくさんだ
そして 嫌いな歯医者にやっと来た
あ~あ、待ち時間が長過ぎる
待っている間でも治療の音が聞こえてくる
人ごとながら 痛いだろうな~って 気になってしまう
幾つになっても やだな歯医者は・・・
ここの医院 玄関で上履きに履き替えるも 床はフラット
感じイイ雰囲気の造りだ そしてスタッフ 皆美人さんだな
コメント

1泊2日 仙台旅行

2006年05月25日 | Weblog
1泊2日の仙台旅行ツァーに参加した
何とまあ 広島空港が霧のため欠航 添乗員さんは大汗だ 
別ルート(新幹線で大阪へそして飛行機)で目的地まで
従って 1日目の観光はゼロ 宿泊先到着が目的になってしまった
食事して 温泉入って 足つぼマッサージをして 1日が終了
2日目 何時もに無いほどの早起きをして
時間をもてあまして 出発 
塩釜神社松島湾巡りー五大堂ー瑞巌寺 そして帰路につく 
とても待つことが多い旅だった
こんなアクシデントに遭遇する事も滅多にないだろう
別の意味でイイ体験をさせてもらったのだから
イイ旅だったと記録しておこう
コメント

木彫りのペンダント

2006年05月22日 | Weblog
懐かしい物が出て来た アイヌの木彫りペンダント
むか~し昔 幼馴染さんが北海道旅行をした時のお土産
学生で節約旅行だったはずなのに 忘れないで買って来てくれた
裏には ちゃんと私の名前が刻んである ”ミズチャンヘ”
物持の良さに自分自身で関心してしまう・・・・・いやいや
単なる片付け下手ってことでしょう
それにしても よく残ってたワ!!
コメント

おめでとう ゆみちゃん

2006年05月17日 | Weblog
友人の娘が20日に結婚する 
昼は送別ランチ なぜか私がご馳走になってしまった 
そして 今宵は送別パーティー(宴会)らしい
ゲストは何故かお父さんの知人友人達だとか・・・・・・
このお宅 お母さんが料理上手で何かと人が集まってくる家
今夜はお祝いという大義名分の 叔父様方の集まり
こんな家に育った娘さん 皆に愛され可愛がられて・・・・・
幸せになって 幸せを皆に見てもらわないと・・・ ねっ
お父さんの心境や如何かとお察しします
因みにお母さんは私の友達 肝っ玉母さん
でも 神経が以外に細いんだな これが

ゆみちゃん お母さんをお手本にすれば ほぼ間違いない?と思うよ
末永くお幸せにね 
 
コメント

ヘルン旧居

2006年05月16日 | Weblog
小泉八雲記念館のお隣にヘルン旧居がある
現在も持ち主の根岸さんが住んでいらして一部が公開されている
ちょっと用事があり お訪ねしたところ
すでに閉館にも関わらず中に入れていただいた
庭もキレイに手入れされ 部屋には季節の花が何気に飾られている
新緑が美しい今の時期だから 庭はより素晴らしい
時間がゆっくり流れるヘルン先生の時代に 想いを馳せ
部屋の中のへルンが好きだった位置に坐って三方の庭をしばし眺める
ああ いい気分 いい気持ち
便利に慣れてしまって 生き急でいる気がする
同じ時間でも ゆったりとした流れがあるのに・・・・・・
コメント

良い年を重ねると・・・

2006年05月14日 | Weblog
出雲大社大祭礼の骨董市帰りの 92歳のお婆ちゃまにお会いした
絣のコートに赤いベレー帽とマフラー なんとまあお洒落な・・・
杖をついていらしたものの 足取りは確かですし 話題が豊富 
話し方も しゃきしゃきとしていて・・・ おおらかで・・・爽やかで・・・
友の会に所属して 勉強会にも沢山参加し お友達も多い
日常の自分のことはすべて自分でなさるとか・・・
充実した毎日を過ごしていらっしゃる
私は まだまだずーっと先のこと?ですが  かくありたいなと思いました
コメント

出雲そば

2006年05月13日 | Weblog
年越し蕎麦依頼 久々の蕎麦を食す 美味しかった
出雲そばと言われるだけあって 出雲は蕎麦好きが多い
麺 つゆ それぞれ こだわりを語ります
蕎麦好きではない私が出雲そばを語るとしたら
『色黒』くらいでしょうか
昔 こんな色黒蕎麦しか食べていなかった私は
細く色白な蕎麦を食べて『これ蕎麦?』
正直言って蕎麦を食べた感じがしなかったものの
荒っぽさのないこの細く色白麺がとても美味しく感じました
でも今はやはり蕎麦は『出雲そば』がイイ
幼いころから馴染んだ味が一番です
コメント

一の谷公園

2006年05月11日 | Weblog
今日は南の山間部をドライブ 
ついでに 市内の『ツツジ』ウォッチングも
山は新緑が美しく 野生の藤が咲いていて・・・・
のんびりと気持ちの良い時間を過ごせた
何故か竹林が茶色になっているのが目立っていた
枯れているのでしょうね
画像は一の谷公園
桜の花が終わって葉が茂ってくると次は『ツツジ』
満開だった 春はイイ 何処も花がいっぱいで
この時期を楽しまないと ホントに勿体無い とつくづく思う
コメント

こだわりの水

2006年05月10日 | Weblog
鳥取県倉吉市の白山命水
冷暗所で3ヶ月保存出来るとのことなので
3ヶ月に1度の割合で20ℓのポリ缶5個の水を汲みに行く
この水を飲み始めたのも母の病気から
体に良いなら・・・ 少しでも効果が得られれば有難いから・・・ と
この水のお陰かどうか 病院の検査結果も安定しています
信じるものは救われる・・・・これでイイんです
こんなことで良いと信じて 少しでも元気でいられるなら
私は ず~っと この水を汲みに行き続けますからね
コメント

木彫りのふくろう

2006年05月09日 | Weblog
肥松 木彫りの『ふくろう』です
作者は三刀屋在住の影山孝三氏 モデルは『風ちゃん』
木の祠に入っている様に彫り込んであります
この肥松は戦時中に切り倒し山の中に放置され
幹の中の枝の元の部分で 肥えていて腐らず残った木です
3年前に頑張った自分へのご褒美に求めたもの
とても気に入っている物の一つです
コメント

君子蘭

2006年05月04日 | Weblog
母が丹精込めて育てている自慢の君子蘭
幾つか株分け出来たのですがヨソの家へ貰われて行きました
気温によって家の中に入れたり出したりは 私の役目
面倒ですけど~・・・・・ 老人には重過ぎる鉢ですから~・・・・・  
今年はもう一本茎が出て時間差で花が楽しめます
コメント

端午の節句

2006年05月03日 | Weblog
五月 ゴールデンウィーク真っ只中
連休中の方々 羨ましいわっ!!
画像は斐川町のチューリップ祭りの会場で撮ったものです
風が強くちぎれんばかりの勢いで泳ぐ鯉のぼり
青い空に映える 鯉のぼり 
親の思いが そのまま伝わる 泳ぎっぷりでした
コメント