「聞き合いサポートネットワーク」の活動です

摂食障害だった私。聞き合うことで乗り越えた。
今は自分が大好きです。「自分を好きになるために…」をテーマに活動中!

摂食障害を考える家族の会に参加してきました♪

2020-08-07 10:43:43 | 聞き合う


昨日
北海道立精神保健福祉センターで行われている
「摂食障害を考える家族の会」に参加しました

担当の保健師の方々、
参加されていたご家族の方々
みなさん暖かく迎えて下さり
ありがたかったです

感じたことは
しんどくて
もがき続けていても
皆さんほんとに一生懸命
全力で当事者のことを考え続けている・・・

家族にも助けが必要だな・・・って痛感しました

質疑応答の時に
摂食障害になったのは親のせいなのでしょうか?という
質問がありました

摂食障害の私たちは様々な感情(怒り、悲しみ、苦しみ、恐怖など)を
持っていて
それを誰かに聞いてもらいたいと思っていて
目の前にいる安心な人にぶつけてしまいがち

「お母さんのせいだ!家族のせいだ」って
たくさん怒りたい、泣きたい、そして受け止めてほしい

小さい時に受け止めてもらう機会が少ないと
その気持ちが残っていて
大人になった今も
受けとめてほしいという気持ちが湧いてくる・・・

安心して怒りたい
安心してただ泣きたい
安心して誰かのせいだって甘えたい

私は摂食障害は家族のせいでなったと思っていません
ただ親や家族によって傷つけられた経験が
摂食障害に影響していることがあるとは思います

個人は悪くないけど
起こってしまった事実は間違っていたことがあると思います

その間違えに対しては
間違いを認め謝る必要がある場合もあるでしょう

子育てする親に対して この社会はあまりにも助けが足りなさすぎます
なので助けがない親に育てられた子どもが傷つく現状は
決して親だけが責められてはいけないと思うのです

これを語ると社会全体のことを
考えていかないといけないので
大きなことに向かう感覚がありしんどく感じますが
社会は人間一人一人の集まった集合体なので
私は自分が気が付くことから始まると確信しています


家族は悪くない
あなたは悪くない
私はわるくない

一人一人 このメッセージを
信じられるようになることが
社会を良い方向へ導く力になることを信じて活動していまます



摂食障害サポートグループ「なごみの会」
参加費  300円
参加対象者  現在、過去に摂食障害の経験のある女性
日程~決まり次第ブログにてお知らせします
場所~エルプラザ(北区北8条西3丁目、JR札幌駅北口徒歩3分)
会場は2For4F 1F案内ボードで確認して下さい
♪参加申込み、問い合わせ♪
聞き合いサポートネットワーク  
摂食障害サポートグループ「なごみの会」   
代表 松橋 和子
E-mail kazuko1524@yahoo.co.jp
Instagram  nagomi_0802


コメント   この記事についてブログを書く
« 7月なごみの会終了♪ | トップ | 9月なごみの会(オンラインで... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聞き合う」カテゴリの最新記事