きじとら小部屋

ねこちぐら きじとら猫の個人部屋

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

014:温(きじとら猫)

2007-03-15 23:18:39 | 題詠blog2007
温野菜大きな鍋でことことと煮込んだように愛したかった
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 013:スポーツ(きじとら猫) | トップ | 015:一緒(きじとら猫) »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは、 (ふしょー)
2007-03-16 09:44:42
女心だけど男歌ですね(^_-)

大きな鍋でことこと煮込むのは、男の役目というか、男が為すべきことのように、思います。
判っていても、そう出来なかった僕には、結構、キツイ歌です。
男歌 (きじとら猫)
2007-03-16 21:28:37
>ふしょーさん
ときどき思うのですが
私の思考って男の人に近い気がします。
相手にこれを求めたりはしません。
ただ、自分ができなかったことが悔しいだけです。
こんにちは。 (みち。)
2007-06-29 16:38:27
お邪魔します。題詠blog2007に参加しているみち。と申します。
今年も題詠を走りながらみなさんのお歌の鑑賞もさせていただいています。
こちらのお歌が素敵だったので、勝手ながら私の鑑賞ブログのほうへお借りいたしました。
お時間のあるときにでも覗きに来ていただけたら光栄です。失礼しました☆

コメントを投稿

題詠blog2007」カテゴリの最新記事

トラックバック

02028 ことことと煮込むつもりでゆったりと見つめた愛が焦げつくなんて (伝心短歌~あて先のない手紙)
返歌。微妙なズレがあるように思いますが(笑)