きじとら小部屋

ねこちぐら きじとら猫の個人部屋

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

065:鳴 (きじとら猫)

2006-09-30 07:14:19 | 題詠100首blog
運命が身体の脇をすり抜ける鳴りそこなったシンバルひとつ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 064:百合(きじとら猫) | トップ | 066:ふたり(きじとら猫) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えっとぉ (ふしょー)
2006-09-30 17:57:22
昔、映画かドラマで、そういうの観ました。

鳴ったか鳴らなかったか判らないくらいに鳴らす。

交響曲だったと思うんだけど、曲名は思い出せません。
Unknown (きじとら猫)
2006-10-01 07:11:16
>ふしょーさん

昔、そんな曲やったような気がします。

私はシンバルではありませんでしたが。

実はシンバルちょっと苦手

よく「ぱふっ」とマヌケな音させてました。

コメントを投稿

題詠100首blog」カテゴリの最新記事