きいこのビーチコーミング日記

南房総の海でのビーチコーミング日記。写真と収穫物の紹介。 
初心者の同定用にコレクションも紹介していきます。

ムシロガイ、アラレガイ、キンシバイ

2016年01月19日 | 紡錘系の巻貝
今日は、ムシロガイ科の貝のご紹介。ムシロガイ科の貝はちょっと丸っこい小型の巻貝が多いです。


ムシロガイ



南房総でもノーマル種。どこの海岸でも割とよく見かける貝です。写真は茶色系ですが、もう少し灰色っぽいものもあります。細かいツブツブがあるので、表面はデコボコしています。 海岸で小さくて丸くてデコボコしている貝があると、かなりの確率でムシロガイです。



アラレガイ



ムシロガイに似ていますが、一回り大きくてぷっくりしています。 ムシロガイを膨らませた感じ。 周りのぶつぶつも大きいし、貫禄があります。


キンシバイ




ムシロガイやアラレガイと違って、表面はツルっとしています。褐色の細い線が入っているのが特徴。写真のキンシバイは少し小さ目。もう一つもう少し大きいのもあるのですが、穴が開いていてあまりきれいな標本ではないので撮影はしませんでした。 日本近海産貝類図鑑では4センチとなっています。


コメントを投稿