対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

「ひらがな弁証法2010」への案内

2011-03-27 | 案内

 「ひらがな弁証法2010」は、昨年(2010年)これまでの考えを総括するつもりで取り組んだものである。弁証法試論2003の改定である。

 わたしたちがめざしていたのは弁証法の新しい考え方である。それは新しい媒介の論理である。わたしたちはその論理は

  1 対話をモデルとした思考方法(中埜肇)
  2 認識における対立物の統一(上山春平)

に表われていると思えた。この二つの「媒介の論理」からヘーゲルの影響を取り除けば、実現できると考えた。 

         ひらがな弁証法2010

コメント