対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

対立物の統一

2005-01-24 | 学問
 トランプを使った実験があります。トランプのカードを見せて、それを当てさせる実験です。そのトランプの大部分は普通のカードですが、すこしだけ変則的なカードが混じっています。たとえば、スペードの赤の6とか、ハートの黒の4とかが混じっているのです。

 実験をすると、最初は、変則的なカードも、普通のカードとみなされるといいます。たとえば、「ハートの黒の4」に対していえば、スペードの4か、ハートの4とみなされるのです。形と色の違いが、気付かれず、普通のカードに見えるのです。
 しかし、変則的なカードを多く見せていくと、被験者はためらい始め、変則性に気付いていくといいます。

 これは、『科学革命の構造』(トーマス・クーン)に紹介してある実験ですが、わたしには、あれが「変則的なカード」だったんだなあと思える体験があります。
 
 「対立物の統一」を、わたしは「止揚」のことだと思い込んでいました。許萬元の『弁証法の理論』を最初に読んだときも、読み返しているときも、そうでした。他の文献を参照しているときも、間違いなく、「対立物の統一」を「止揚」と解釈していました。弁証法の新しい理論を作るという問題を立てたときも、そうです。

 いろいろな文献を見ていくうちに、「対立物の統一」を「矛盾」と考える立場があることに気付きました。マルクス主義の考え方です。わたしは、自分がマルクス主義の立場で考えているものと思っていましたから、ガクゼンとしました。 もちろん、改めて見直せば、許萬元も「対立物の統一」を「矛盾」と考えていたのです。
 不思議な気がしたものです。これまでわたしは何を見ていたのだろうかと。

 「対立物の統一」は「ハートの黒の4」です。それが、わたしには、ずっと「ハートの4」(止揚)に見えていました。しかし、これを「スペードの4」(矛盾)と見ていた人もいたのです。
 
 「対立物の統一」は、自分を振り返り、足元を見直すきっかけになりました。しかし、「対立物の統一」は、やはり「止揚」です。「矛盾」ではありえません。これが「対立物の統一」に感じた変則性を自分なりに深めてきた結論です。
 「対立物の統一」を「矛盾」ではなく「止揚」と考えることが、ヘーゲル弁証法の合理的核心をつかむ出発点になっていくと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 弁証法試論? | トップ | 5番目の弁証法 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知的創造性に富んだ試みは如何なる分野であっても... (青春の弁証法)
2010-06-19 15:12:12
知的創造性に富んだ試みは如何なる分野であっても尊いと思うのですが、こと「弁証法」に限っては「弁証法とは何か?」という概念に対する理解が必要に思われます。というのも、弁証法というのは字義通り「問答による証明法」であり、その核心部分は「認識(理解)することであり、真理と誤謬とを区別していく方法」だと思うからです。その意味で、弁証法は認識論と密接に関わるのだと思います。

それに対してケストラーのバイソシエーションというのは、似たように2つの論述(概念)を合成して新たな概念を生み出していくもののようですが、それは創造性ある知的活動ではあっても、真理探究の方法ではありません。真理と誤謬を弁別するというよりも、創造的な知的技術だと思います。

ですから、弁証法において合一されるのは反論・批判であって、まったく別種の論述では無いと思います。三角形の証明問題に方形や円を用いたとしても、それは異なるものを統一したと言うことは可能ですが、対立物を統一したとは言えぬと思います。

したがって、ここで述べられているようなケストラーのバイソシエーションといった類の問題は、「弁証法」という古めかしい言葉で表現されるべきものではなく、「創発」という現代用語で表現されるべきだと思います。

コメントを投稿

学問」カテゴリの最新記事