旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

山歩きアゲイン

2020年03月23日 | 日記


山歩きの気持ち良さを知って、
翌週、また歩きに行く事にした。

今度は、丹沢の檜洞丸。
犬越路峠コースが面白そうだ。
歩き時間は7時間位らしい。

早朝出発。



目的地への最寄り駅。
御殿場線ってのに初めて乗った。
なんと、無人駅。
い、田舎だ。
意外と近い場所がこんなに田舎だったとは。



バスに40分くらい乗って更に自然の中の出発点、
西丹沢ビジターセンター。



ビジターセンターからちょい歩き登山道へ入る。



熊注意。
へー、熊いるんだ。
ヒマラヤ圏では熊は居ないだろーなー。
因に、ラダックでは野生のマーモットに会える。
マーモットは可愛かったが、熊には会いたくない。







山頂付近で積雪が出て来た。
久々に雪を見た。
近場で見られるとは驚き。



登頂。
簡単。
ここからのルートが面白いらしい。


犬越路峠へ。


かなり雪が積もってる。
愛用のスポルティバのローカット・アプローチ・シューズで来たので(とゆーか、それしか持っていない)
足が雪だらけになる。
めちゃ滑る。
靴のグリップがきいてないので買い替え時。
トレッキング・シューズって高いんだよなー


爽快。
この先の尾根伝いに歩くのがルートらしい。


鎖場。
楽しいが、登りでやりたかった。
鎖場は降りるより登る方が楽しそう。
今度くる時は、犬越路から檜洞丸へのコースにしよう。



今回のコースで、個人的ベストの場所。
俺、見晴らし良い広い山頂にはあまり興味ないが、
稜線の先の頂上の少し広がってる場所が好き。
山用語で小ピークというらしい。





この倒れた大木が最高のベンチ。
持って帰りたいが不可能でしょう。
そもそも置くとこない。



静寂。
誰も居ない。
遠くで鳥が鳴いてる。
至福の時間でござる。
ゆっくり過ごす。



人為的な休憩場所。
誰もいない。
来た道の稜線が見えるが、誰も見えない。
結局、檜洞丸山頂から犬越路の道中で会ったのは、
すれ違いざまの3人だけ。


谷。



岩場。
アスレチックみたいで楽しかった。
以前の台風の影響がモロあったらしいので、
台風前はどうだったのだろうか。
登山道も一部通行止めになっていた。

休み休みで、
7時間位歩いたかしら。
出発点の西丹沢ビジターセンターに戻って帰路に。


海外のトレッキングに猛烈に行きたくなる。


コメント   この記事についてブログを書く
« そうだ、山へ行こう | トップ | 自然界の美しい色彩 »

コメントを投稿