旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

トビリシのアートの感性

2019年12月11日 | 旅行


トビリシってアートに対して寛容な気がする。

前衛的な近代建造物もある一方、
古い町並みも残る。

そして、
ストリート・カルチャーが認められているように感じるのだ。

ファッションでも世界的に注目されているらしいが、
旧ソビエト圏にあって、
面白いと思える。

先鋭的なセレクト・ショップにも行ったが、
東京の有名セレクト・ショップと
遜色ない様なレベルだったりもした。

しかし、
普通に高い。

平均月収3万円ほどのこの国、
エリートでも月収8万円との事だが、
ニットが一着6万円というのも普通に置いてある。

貧富の差が激しいのだろうか。


話しを戻すと、
日常のアート感覚が優れている件。

日常風景の中に
美的感覚が磨かれる要素があるからだろうか。





グラフィティもそこらじゅうにある。



色彩感覚も意図してか無意識か分からんが、
惹かれるものがある。


無意図だろうが、
ミニマルな感覚を感じる。






超近代的な建造物と
そのすぐ近くにある古い建物の扉。
古さと新しさの幅がハンパない。




前衛的な巨大なアート壁画の横に、
突然、古い建築物がある。
路地や緑と合わさって、
近代的な車とのコントラストも面白いと感じる。
個人的には、すごく惹かれる。
これらの組み合わせは非常に好きだ。


こういった環境が身の回りに当たり前にあるから
面白い感性が産まれるのかもしれない。

まぁ、トビリシのアート感覚ってゆーより、
俺個人が感じる、
トビリシのアートだったかもしれなかったけど。

とりあえず、
歩いていて、
普通に街中が面白く思える町なのでした。


コメント   この記事についてブログを書く
« トビリシのお洒落なゲストハ... | トップ | ジョージア(グルジア)の古... »

コメントを投稿