旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

チベット カム地方の伝統的ファッション

2017年08月18日 | 人物
東チベット カム地方
デルゲ近郊のお寺で出会った女性。

首回りや耳元には、大粒の珊瑚や数々の石(ジーと呼ばれる白黒の柄の付いた石)や金で飾られ、
右肩を出して着る着方が正式な民族衣装チュパを着込む。
手には、鳳眼菩提樹の数珠と豪華なマニ車、頭にはテンガロンハット、
そして歯にはチベットの伝統的なファッションである金歯の差し歯が光る。

まさに伝統的なカム地方のチベット女性だ。

裕福な層だと思うが、その完成された伝統的チベタンファッションの美しさに見とれた。

僕はチベットへ行くと、お寺の周囲に座り、隣に座った彼ら彼女らに声をかける。
そして、彼らの持つ装飾品を交渉し、手に入れる。
時には彼らの家まで行き、売買をする。
もちろん相手は一般人だ。
交渉に入る前の話にはコツがいるが、
それが、僕の仕入れの方法の一つである。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017.08.20(日)有楽町 大江... | トップ | インスタグラム更新中です。 »

コメントを投稿