旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

美しいチベットの古い家具

2020年02月25日 | チベットもの


チベットの家具。
前にも書いたけど、また書きますて。

チベットの家具と言って、
正確にイメージをできる人は
どれくらい居るだろう?

日本だと知られていない
チベットの古い家具。

ほんと、かっこいーんです。

すんごい、美しいんです。

・・・と、僕個人は思っているが、
物を見せられなければ、
お話しが始まらないのは分かっております。

しかし、
そもそもが現地でも安い物ではないし、
しかも現地ですら、古いチベット家具を扱う業者の数は限られている。
そこら辺の行商は、まず持っていない。

日本で販売する事を考えると、
輸送コストも入れると、日本での売値は結構高くなるので、
商売を考えると難しいだろう。

(カトマンズで目にする、チベット柄の新しい家具もあるが、
それらの家具は、そこそこ安い。
その制作工房はネパールのチベット人圏で目に出来る。
ここでの話しは、古いオリジナルのチベット家具でござる)


では、
日本人的な言葉で表現すると、
民藝的な美しさを持つチベット家具の価値を
誰も認めていないのかと言うと、
全然、そうではない。

はやくから欧米人達に、
その美しさは認められてきた。

英語では専門書籍も出版されている。
アマゾンでも売っております。

Tibetan furniture

で、
日本では難しいって話しですが、
価値観的に受け入れられない、という話しではないのです。

美しいと理解してくれるでしょう。

チベット家具と似た雰囲気がある李朝系の家具や
中国の古い家具は、
事実、日本人にも受けが良いし、
日本のインテリアにも合うと思うので、
チベット家具も、
その価値観・情報さえ広められれば、
価値を認められるとは思っている。

たとえ、その人数は少なくとも、
受け入れられないとは思わない。

しかし、
そこに対して対価、簡単に言うと、お金を払うか、というと
話しは別であろう。

もちろん、現実的にお金があるかどうかというのもあるが、
お金がある場合でも、
家具ひとつに、
数十万、時には100万以上も払うには、
多くの情報、市場価値、物語、など付随する要素が必要となる。

古い北欧系の家具だったり、
デザイナー物であったら、
既にそれらは、認知されていると思う。
なので、
そこにお金という対価を払う人も居るだろう。

実際、
僕の友達にも居るが、
家具でも着物でも、
ハイエンドの物を趣向し、
ひとつひとつ数百万円の物を買う女性は居る。

しかし、
僕が言っているのは、
チベットの家具である。

一般的には知られていない
チベットの家具である。

つまりは、
その存在を、知ってもらわなきゃ、始まらない。

その美しさ自体を日本人が認める事ができると
僕は信じている。

しかも、
その美しさと物語にお金を出す人は居るだろうと
僕は信じている。

あとは、
いかに
情報を広められるか、という話しだけだとは思っているのです。






木製本体に、宗教をもとにした
様々な図柄を描くのが、チベット式。
稀に本体が黒色の物もあるが、多くの家具は、赤色。
因に、描かれているのは、想像上の生き物「センゲェ」
ライオンではございません。




密教図柄の笑う髑髏「ミンゴォ」が
随所に描かれる。



中国の古い家具とは、似て非なる。
チベット独自の雰囲気があるのです。

海外でも国際的な事も関係していて、
チベットの物であっても、中国、つまり、Chinese と表記される場合もあるが、
実は違う。
正確に言うと、チベットの物でも、漢民族の感性が影響していて、
その絵や図柄が取り入れられている物もある。
チベットの寺の木彫であっても、ネパール様式が取り入れられているのもあるし、
日本で知られた、ダライ・ラマ、という名前も元々はモンゴルからの名なので、
そこは難しいが、様々な文化と融合したのが、
チベットの物または文化という捉え方で僕はいる。

因に、モンゴル家具も美しい。
ちょっとチベット物と違うが似ている。




厚めに絵の具を塗って描くので、
塗った部分に厚みを感じられる。

古い家具でリペアされてるのも、多くある。
オリジナルの図柄と、はげた部分などに後年手直しが施されているのです。
よく見ないと判別不能な位に上手にリペアされているのも多いが、
近くで斜めに光りを当てると、その違いが分かったりする。












美しすぎて、ため息でちゃう。

チベット仏教特有の宗教図柄、神様や吉祥文様をダイナミックに
家具に描くのは、もはや、絵画である。


以前、このブログでも書いた事だが、
また、言うでござるよ。

現地の知人業者のカギがかかったストックルームに入れてもらうと、
よゆーで本に載るレベルの家具が圧巻の数があったりする。
そのクオリティは、今も一部の欧米人達が買っている家具より
もうワンランク上の物達である。
明らかに、これ、美術館レベルでしょ、とゆー物もある。
ラサにだって、行くとこ行けば、あるよ、今なら、まだ。

それらは、僕が知る限りだが、
ほとんど誰も買っていない。
少なくとも、気軽な観光ついでに買える物ではないとも思う。


しかし、
そこに
在る、のです。



僕は単純に、
まだ知られていない美しい物を
広めたいのさ。





写真出典:『Tibetan Furniture』



コメント