まーどんなぶろぐ

ただいま他所のSNSに外遊中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

■歌舞伎座見おさめ

2010年04月28日 | 私のこだわり・芝居編
建て替えのために劇場を閉じる木挽町歌舞伎座のさよなら公演、御名残四月歌舞伎も今日が千秋楽。先月からは通常の昼夜興業でなく、毎日三部公演。最後となった今月は、まさにオールスター歌舞伎で、 これは見逃せない…、と3公演制覇しました。

子どもの頃、親に連れられて行ったのは別として、私が歌舞伎が観たいと思って歌舞伎座に行くようになったのが中学生の時でしたから、かれこれ40年芝居を観てきたことになります。


          


当時の人気役者、菊之助、辰之助、新之助、いわゆる三之助、辰之助さんが惜しくもいなくなりましたが、菊五郎さんと団十郎さんは ”団菊”としていまや歌舞伎を背負ってたつ幹部役者です。

杉の子会という子ども歌舞伎の勉強会で活躍していた中村屋の勘九郎、萬屋の米吉、歌昇、梅枝、信二郎なども、いまでは50代、味のあるいい役者さんになっていますし、それぞれのお子さんも舞台で活躍していらっしゃいます。

菊五郎さんは若い頃、NHK大河ドラマで義経をやっていた頃のおもだちがずっと焼きついていましたが、先月の弁天小僧、今月のお嬢吉三などの舞台姿は、まぁ…、父親の梅幸さんに似てきたわ~(ふくよかになられた…)。

そして今月、連獅子で親獅子を踊っている勘三郎さん、勘九郎の頃には父である先代の勘三郎さんのもとで子獅子を踊っていたのをよく覚えています。極端にシリアスになったり、笑いを誘うような演技をしたりすることの多い勘三郎さんですが、連獅子でのキリッとした前シテの姿はまるで先代さんの生き写しのようで…、とてもなつかしかったです。

3年後に完成する新しい歌舞伎座の時代になると、次の世代の役者さんも出てきて活躍されることでしょう。これからもずっと…、いつまでも芝居見物を楽しみたいものです。


          
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ■夏は近づかないけど | トップ | ■大ぶりサングラス »
最近の画像もっと見る

私のこだわり・芝居編」カテゴリの最新記事