まーどんなぶろぐ

ただいま他所のSNSに外遊中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

■まるで戦禍

2008年06月24日 | 日毎の些事


” MADE WITH JAPAN ”


今日の日経新聞に掲載されていた ボーイング社の全面広告です。
枯山水の石庭の上空を超音速で飛んでいジェット機。

以前にも、ボーイング社は日本企業と共同で飛行機を造っている・・・という広告はあったようです。
  たとえばこんなの ⇒ http://adv.yomiuri.co.jp/yomiuri/advoice10/boeing.html

私たちも乗る旅客機の製造ならまだわかりますよ、でも朝刊に載っていたのは 戦闘機 です。





広告の右下に書いてある能書き、見難いので抜書きしておきます。
日本の未来と安全を守るためのパートナーシップ。
F15J の製造プログラムほどこれを見事に具現化したものはないでしょう。
1978年、ボーイングと三菱重工はF15J の日本国内生産の
ライセンス契約を交わし、セントルイスと名古屋にあるプロジェクトの
拠点でコラボレーションしてきました。
このプログラムを支えてきたのは、三菱重工をはじめとする日本企業数百社。
これまでに数多くのF15J が日本政府に納入されています。
日本の未来と安全を守る、ボーイングと日本企業のパートナーシップ。
その絆はますます深く、確かなものになりつつあります。
さぁ、一緒にすごいこと。




 「 安全を守るための戦闘機・・・ 」

わかりますけど、なんかシックリきませんね、 こんな全面広告を打つ必要があるんでしょうか。。。

それにこの石庭の造り・・・、
白砂の水流もようは まるで戦車のキャタピラーわだちのようだし、 尖った組み石は爆撃をうけたビルの残骸を連想させるようで・・・。

安全どころか、これじゃ戦禍じゃないの!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■バター派 | トップ | ■公衆道徳 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かなりの黒い金が動いている (pfaelzerwein)
2008-06-30 01:57:47
なるほど、これは参考になります。実質軍需の売り上げは三菱でなくとも大きいと思いますが、米国の定める規制の枠組みで裏産業であった訳でしょう。

しかしここに来て、ボーイング社の独占化に影が見えてきた事から、日本市場で一体感を強調する必要が出てきたのですね。

米国の産業で最後まで残る砦は軍事産業であることを考えると、かなり積極的な市場戦略と思います。防衛疑惑もああした贈収賄はほんの一端であって、こうした形振り構わずの自体を見ればかなりの黒い金が動いていると見るのが妥当でしょう。
Unknown (まーどんな)
2008-07-01 10:58:13
> pfaelzerwein さん、

舞台裏はよくわかりませんが、 日本人として日本の風景に戦闘機は似つかわしくない・・・、 と思うのですが、平和ボケだと後ろ指さされるかもしれませんね。複雑な心境です。

日毎の些事」カテゴリの最新記事