Kids-na*絆

2小サポーター Kids-na*絆の活動報告です。 コメント(ご意見・ご要望)お待ちしています!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

安全ボランティアさん

2018-02-16 | 学校行事
昨日の全校集会では児童会が行った感動的な企画がありました。



私的にはもっとも尊敬している『安全ボランティア』さん。
そのお一人が年齢を区切りにして、今年度で卒業されます。

御歳は90歳!!

安全ボランティアの皆さんは、雨の日も風の日も、雪だって、
休むことなく朝夕子どもたちを見守ってくださっています。

本当にありがとうございます。

全校児童がつくった花道をくぐって退場されました。



きれいな花のアーチをくぐってる写真は撮り損ねました

集会後、校長室で座談会。
児童会役員の三役さんが訪ねてきて、改めてお礼を述べてました。



全校児童・教職員の前で、あんなにしっかり行事をしたのに、
校長室では照れていて、やっぱり小学生、かわいいなあと

登校時の見守りは、我々保護者も考えていかないといけない
なと改めて感じた一日でした。
コメント

連P研修会

2018-02-14 | 活動
2/10(土)に島本町PTA連絡協議会主催の研修会がありました。

「地域と学校」 〜 地域の大人が子どもにできること 〜 です。

地域で活躍するボランティア団体の代表者を招いて、子どもや学校を
中心とした活動を教育的見地から意義を掘り下げていく研修会です。

ふれあいセンターで行われました。



島本町PTA連絡協議会は、町内の2幼稚園、4小学校、2中学校の
PTAで構成されています。



Kids-na*絆の活動をモデルケースに、どのような学校のお手伝いを
しているか話させていただきました。
このブログでお伝えしていることをいくつか紹介しました。



ボランティア団体の代表者、パネラーは4名
それぞれがどんな思いで、どのような活動をされているかお話くだ
さいました。

○島本環境・未来ネットさん
○島本里山クラブさん
○第二地区福祉委員さん
○島本音楽連盟さん

それぞれが本気で楽しく活動しているので、気持ちと実践が伴って
います。
熱くて楽しい、驚いたり微笑ましかったりの活動実績を聞くことが
できました。

ちなみに前回は
○島本竹工房さん
○島本町 地域応援団「和(なごみ)」さん
○Project Team 陽風さん
○Kids-na*絆



大学の専門分野で活躍する先生がコメンテーターとして参加。
地域の大人が学校や教育、育みに関わることで、子どもたちにどの
ような影響を与えられるかを教えていただきました。



島本環境・未来ネットさんの、ちりめんモンスター探し
子どもと一緒になって、大人も楽しみながら活動されています。



島本里山クラブさんは、本格的に竹林や里山整備をされています。
現在の子どもたちが自然に親しめる環境をつくり、未来の子どもたち
が愛せる島本の自然を残そうと奮闘されています。



福祉委員会さんは、各地区の福祉委員さんが学校と協力して、様々な
遊びを通して子どもたちとあたたかい関係を続けてくれています。



島本音楽連盟さんは「音」を通じて、今ある関係をより素敵なものに、
新しい関係を構築しやすい環境をプロデュースしています。

共通して言えるのは、誰もが楽しみながら活動していること。
子どもを中心にしつつ、広い世代が一緒になって活動していること。
島本ならではの、ゆるくてあったかい雰囲気で無理なく活動を継続
していること。



地域の力、基本は住民自治であり、できないところは行政がサポート
すると心強いお話。
山田町長、昨年はこの研修会にパネラーとして参加してくれていました。

我々大人が自発的、積極的に地域力を発揮して、子どもたちが笑顔で
のびのびと育っていける環境をつくっていきたいですね。

この研修では、そうした熱い気持ちをもった、本気で楽しむ人たちが
たくさんいることを確認できました。
その素晴らしいマンパワーが協働して、より力を発揮できるように
なると素敵ですね。
コメント

卒業制作 もう少し?

2018-02-08 | 卒業制作
寒い日が続きます。
インフルエンザによる学級閉鎖も相次いでいます

それでも着実に壁画は完成に近付きつつあります。

隣のプール工事も今学期中に完了するそうなので、また
素敵な通用門から登校できるようになりますね。





上の画像の少し後、今こんな感じです。









インフルエンザに負けず、素敵な作品を残してくださいね

でも、無理はしないでね

お手伝いは絆のM先生ひとりにお任せ、もはや手伝える領域を
超えているので。
もうひと踏ん張り、どうぞご自愛ください
コメント

五年生学年行事

2018-02-08 | 学校行事
田植え体験を手伝ったのは7ヶ月前のことでした。

早っ!!

みんなが作ったそのお米で、五平餅を作ったり豚汁を
作ったり。

五年生のこどもたちと保護者さんたち、担任の先生たち
が行う『収穫祭』のお手伝いをしてきました。
1月下旬のことです。

前日夕方、役場から大鍋とコンロ一式を借りてきました。
ガスの手配や火の番など、裏方のお手伝いです。



当日は強風でテントが飛びそうだったので、古さんが
ロープで補強。



ずっと田んぼの手入れをしてくれたやっさんも駆けつけて
くれました。

調理室で作った豚汁を大鍋で保温。
とってもいい匂い。
200人分くらいかな。



会場とすごーく離れているので、小鍋で運搬された
みなさんはたいへんだったでしょう。

五平餅はBBQコンロで炭火焼き!!



その後、体育館で合唱を披露。
私達も一緒に聴かせてもらいました。



子どもたちの合唱って、心に響きますよね。

締めくくりは、よさこい!!

運動会で披露してくれたのですが、寒空の下、その時以上に
大きな声とダイナミックな演舞でした。



五年生、一学年だけの行事でしたが、みなさんがしっかりと
準備を積んでこられたので、まるで学校全体の行事のような
がっつり素敵な行事『収穫祭』になりました。

手伝ったご褒美に、我々も五平餅と豚汁を頂きました。
とても美味しかったので、何本も、何杯もおかわりしちゃい
ました。
ごちそうさまでした(^^)

協力して何かを作り上げるって、ほんとに素敵なことですね。

五年生のみなさん、おつかれさまでした。
ありがとうございました

コメント