シュタイナーと子どもと私

シュタイナーに出会ってからの、子育てと手仕事の日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Troxler-Hausの時計の修理

2014年03月07日 22時27分02秒 | 好きな物
我が家ではぺロルの壁掛け時計と呼ぶ
時計が止まってしまいました。
製造中止になったのが2008年2月。
ムーブメントの寿命かもしれません。

修理をしたくてラベルを基に調べると
時計はドイツのTroxler-Hausという
シュタイナーの考えを基にしている
障害のある方とマイスターによる
授産施設で作られていました。

ムーブメントはドイツのHERMLE社。
日本で修理できそうなところが
見つけられなかったので、
直接HERMLE社へ連絡すると、
日本の代理店を教えてもらえました。


しばらくは三谷さんの時計に
替わりを務めてもらい、
修理をお願いしようと思います。

『インテリア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出会いと別れ | トップ | 卒業式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

好きな物」カテゴリの最新記事