シュタイナーと子どもと私

シュタイナーに出会ってからの、子育てと手仕事の日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春が近づいていますが

2013年02月24日 23時09分00秒 | 暮らし
この1年はたくさんのことがあって
なかなかやらないといけないことが
できなかった1年でした。
ただたくさんの事を学んで
魂が成長できたと思います。


こども達は元気に過ごしています。
長男、次男はやさしく育ってくれていて、
ただそれだけでうれしくあります。

この大雪の日にヤギが出産したのですが
母ヤギと3匹の赤ちゃんヤギ共に
天に召されていきました。
気温の低さと3匹の出産で
母ヤギの体力がなくなり、
点滴をうったりできることを
しましたがダメでした。

こども達は一生懸命寝る時間も惜しまず
仔ヤギ達に人工ミルクを与えていましたが
初乳も飲めていない上に三つ子で体も小さくて、
こども達に抱かれたまま息を引き取っていきました。

先日、水たまりに産んであった蛙の卵を
我が家の池に移していて命について
彼らなりに勉強してくれていると思います。


今年は薪の準備が足りていなくて。
次の冬に向けては頑張ろうと思います。
やっぱり薪の温かさが最高なので。


家のメンテナンスも始めました。
ウッドデッキも色を塗りました。

だんだんと春の足音が近づいています。
早く温かくなってほしいです。
ジャンル:
我が家
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ほっとひと休み | トップ | 久しぶりのこども園生活 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちほあるいははるの)
2013-02-27 20:26:13
お母さんヤギまでも・・・・・・・・・でしたか。
お子さん達、頑張って4匹の命と向き合われましたね。
立派でしたね。
これほどの雪は、やはりそちらでは珍しい方なのでしょうか。
寒さが厳しい分、春の気配がいつもより輝いて見える
そんな春の訪れになりそうな、今年の早春です。
とはいえ、お彼岸までは
まだまだ油断できないですね。
お体、ご自愛くださいね!
いのちと向き合う (kids-the-me)
2013-02-27 22:55:07
ちほあるいははるのさん こんばんわ。

こども達と母ヤギと仔ヤギ達のお墓を作りました。
私を含めて自分達の無力さを感じました。
あと1日遅れて生まれていたらと思います。

福岡はあまり雪が積もらないのですが
我が家のまわりははなぜかよく積もります。
山だからかなかなか雪がとけません。
こども達は新雪を楽しむことができて
とても喜んでいるみたいですけど。

先週つくしを見つけました。
もう春はすぐそこまできてます。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事