goo

仏名会 その5

天長7年(830)閏12月8日 禁中にて 三箇日夜 仏名経儀礼(日本紀略前篇14等)

承和2年(835)12月20日 清涼殿にて 三日を限り 仏名経礼拝(同15)

承和5年(838)12月15日 清涼殿にて 三日三夜 仏名懺悔を修す。 内裏仏名会の始(続日本紀7)

承和13年(846)10月 太政官符により五畿内七道諸国において 12月15日から17日まで 国内の名僧を請して国衙で仏名懺悔を修するのが恒例となる。
布施は正税を用い、期間中は殺生禁断とされた。

仁寿3年(853)11月 太政官符により右の期間を19日から21日までに変更。

貞観5年(863)4月 賢永は 凶作と疫病の退散を願って一万三千仏画像、観音像、一切経を 伯耆国分寺に安置(三代実録)

貞観13年(871)9月 元興寺静安の奉請により宮中仏名会が恒例化し(類聚三代格2)、弟子賢護の奏進によって一万三千仏画像が 太政官ほか諸国に 計72安置される。

貞観18年(876)6月 一万三千仏画像19鋪が 諸国に安置される。

延喜18年(918)玄鑒の上奏によって 所依経典が『十六巻仏名経』から『三千仏名経』に改められる(塵添壒嚢鈔14) 
以降 宮中弘徽殿、清涼殿、常寧伝、綾綺伝、仁寿殿等で 毎年12月に3日間仏名懺悔が行ぜられたが、歳末で公事多く(雲図抄)、神事に当たる(年中行事秘抄)時などは 1日だけの修行もあった。

長寛以降 建久の頃(1163~1199)12月19日から25日までの1日だけの修行(玉葉)

建武年中(1334~1338) 一夜のみ修行

康永年中(1142~1345) 一日の修行に復される。

永和年代(1375~1379) 宮中仏名会断絶。鑒





以上の事項から、仏名会は 宮中における三会以外の公式行事にもなったが、

目的は 個人の懺悔というよりは、
懺悔を通して五穀豊穣や疫病退散などを祈る祈祷的性格が
当初より見られ、

やがては年末年始の神事(仏教行事としては成道会)に押されて
行われなくなってしまったようだ。



しかし、仏名会は 宮中だけでなく、諸寺においても伝えられ、

『薬師寺新黒草紙』『東宝記』『四天王寺年中法事記』『塵添壒嚢鈔』
等に記事が見られ、

現在でも 大寺を中心に重要な仏教行事として伝えられている。



また、『枕草子』『栄花物語』『拾玉集』等 
文学の中にも宮中仏名会の様子が語られ、

民間においても
『兼盛集』『本朝文粋』等に
各家毎や 有志によって修行された仏名会の事が記されている。





今日は、ここまで!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 仏名会 その4 仏名会 その6 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。