goo

仏名会 その6

3、仏名会の日本的意義

 ここで一度 仏教法会の分類を 振り返っておこう。


 
 対自儀礼――― 修道儀礼 ~ 自己の信仰の開発、深化を求める

     ――― 法恩儀礼 ~ 恩得に感謝し、後進の微意を表す



 中間儀礼――― 特殊儀礼 ~ 開眼式、晋山式、結婚式等 
               自行化他のいずれにも分類できないもの



 対他儀礼――― 祈祷儀礼――― 祈願 ~ 心願成就のために仏神に一方的に祈る

            ――― 祈祷 ~ 仏神と一体化することによって願成就を祈る



     ――― 回向儀礼 ~ 葬送儀礼、追善儀礼等
               主に生者が死者に対して行う



一つの法会は 目的や時代によって分類上 様々に変化するのだろうが、
仏名会もまた その代表で、
自利利他の両面を兼ねて行われてきた。

そして、それが 本来の仏教理論と 
日本の民間信仰の交錯による結果であることは
言うまでもないだろう。



日本人は 伝統的に 浄罪という意識を強く持っていたようで、
宮中では
大宝元年(701)以降 6月と12月の晦日に
定期的な大祓が行われており、

宮中での儀式が衰退してからも
神社などにおいて 夏越(名越)の祓、年越の祓は 継承されてきている。

仏教では 6月の仏名会がこれに当たるのである。

つまり 神道的祓いの観念と 仏教の懺悔思想の対応である。

また、歳末に その年に犯した一切の罪を懺悔し祓ってしまう
という事は、

翌年正月の修正会に継続される行事である事を 見逃してはならない。

一切の罪を無くして新年を迎え、
国家安穏、天下泰平、五穀豊穣、万民幸い などを祈るのである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 仏名会 その5 仏名会 その7 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。