goo

天台宗勤行儀 その7  開経偈

  開教の偈

無上甚深微妙の法は、

百千万劫にも遭い遇うこと難し。

我れ 今 見聞し 受持することを得たり。

願わくは 如来の真実義を解したてまつらん。






  お経を唱えるに当たって(作者未詳)

これ以上ないほど高く・深く・広く・そして繊細 
且つ 大胆な真理を教えてくれる仏教に出会い、
そしてそれを知る機会を得るということは、

無限の時を生まれ変わりながら(輪廻を繰り返して)生きていても
なかなか適うものではありません。

でも、私は今、この時代のこの場所に生まれて、
仏教という教えを知り、学ぶための縁を得ました。

この縁を 特別な奇跡(チャンス)だと認識し、
この修行によって、仏さまのお説きになられた
真如・真理・真実というものを
完全に理解し、体得できることを
心から願うものです。






今日は、ここまで!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 天台宗勤行儀... 天台宗勤行儀... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。