アラカン女子のひとりごと

アラウンド60歳からのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

センニチコウ【千日紅】のその後

2016年07月25日 | 日記

1ケ月半ほど前に、初めてセンニチコウの苗を買ったが、だいぶ背が高くなり、たくさんの花をつけてくれている。

これが1ケ月半前 ↓


  

現在 ↓




購入した時はフダがなかったので分からなかったが、『ストロベリーフィールド』という品種のようだ。

ほんとにイチゴそっくりの花。黄色の星がちょこんとついて、とてもかわいい。

この黄色い星の部分が本当の花で、赤い部分はガクとのこと。



とても気にいったが、この花は背が高くなるので鉢よりは地面に植えたほうが良いように感じた。

花持ちがとっても良いので、どの時点で花がら摘みをしていいか分からず、そのままにしていたら、丸いイチゴが細長くなって、下のほうが茶色になってきた。


もしかしたら、茶色の部分はタネだと思い、指でこそげとった。(タネを見るとどうしても採種したくなる性分)



来年は品種名のごとく、いちご畑に挑戦してみたいが、畑になるほど植える場所がない