今よりももっと豊かで幸せに生きる処方箋

今よりももっと豊かで幸せに生きたいあなたへ☆
過去の教訓や自然界の法則で愛や富を引き寄せる方法を発信します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アドラー心理学(その3)

2017年01月03日 18時16分30秒 | 心理学
◆目的論は正しい?
目的論:目的を変え過去を意味づけ直すことで人生を変えることができる
原因論:トラウマや過去の体験に支配されている
アドラーの思想は、いつでも「この瞬間」から人生を変えることができるというポジティブな人間観に貫かれています。

目的論がすべて正しいかどうかはわかりません。ただ、夢や希望は人に活力を与えてくれます。目的を明確にすることで行動力が増したり、実力以上の能力を発揮することができたりすることはまぎれもない事実です。

◆対人関係がすべての悩みの原因?
アドラー心理学では、人間の悩みは、全て、対人関係の悩みであると言っています。

したがって、対人関係の悩みを解決するのに、もっとも大事なことは、「他者は、仲間である」と、心の底から認識することです。絶対に「他者は、敵である」と考えてはいけないのです。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アドラー心理学(その2) | トップ | バビロンの大富豪 (その1) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

心理学」カテゴリの最新記事