恋愛ブログ

哀しい事があっても辛い事があってもそれでも人は出会っていく。
出会いの数だけドラマがある。一日一話愛の短編物語。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12.お母さん

2020年04月27日 | 家族
 都会から、久しぶりに故郷に帰って来たのはいいが、母の様子がおかしかった。
 家の鍵を閉めたかどうかを何度も聞くし、鍵の場所も何度も探している。
 父は、物心ついた時にはいなかった。私が小さいころ愛人と逃げたようだった。母には父親の事を色々聞きたかったが、知らぬふりをしていた。
 母一人で、私を育ててくれたのはよかったが、子供の頃から迷惑ばかりかける娘だった。
 暴走族の総長と仲良くなり、バイクに乗り、レディースみたいな事をしていたし、毎回、交番にお世話になって、その時スナックで働いていた母が、ドレスのような派手な格好をして頭を下げていた。家に帰ると、殺風景な畳四畳半のアパートで、貧乏のどん底みたいで、大変だった。
 世の中の不平不満みたいな物がたくさんあった。 
 だけど、母の生きることへの懸命さは、よくわかっていたつもりだ。
 「お母さん。明日、また帰るけど、一人で大丈夫なの?」
 「なんも心配せんでよか。あんたも生活があるだろうから。」と今度は携帯電話を探しているが目の前の机にあった。
 「また、落ち着いたら帰ってくるから。」
 「あぁ分かっとる。分かっとる。」何かを探すかのように壁の隅を見て、私の顔を見た。娘だと分かってなさそうな風にも見える。
 何かを思い出したかのように、私の腕の袖をめくって、リストカット跡の腕を優しく何度も何度もさすっている。
 そんな事をしても、傷は消えないのにと思うと涙が一筋頬をつたわった。
 「お母さん。こんな娘でごめん。」庭の桜の花びらが、隙間風からひとひら入ってきた。

コメント   この記事についてブログを書く
« 11.ラーメン屋 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

家族」カテゴリの最新記事