キバンインターナショナルのこんなeラーニングどうだろう

東京都千代田区にあるeラーニングの会社、キバンインターナショナルです。動画を使ったeラーニングに強み。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

使用を廃止した溶接によるボイラー(移畿式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)を再び設置する場合の手続き順序として、法令上、正しいものは次のうちどれか。 ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。

2017-07-02 07:17:23 | 資格
使用を廃止した溶接によるボイラー(移畿式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)を再び設置する場合の手続き順序として、法令上、正しいものは次のうちどれか。 ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。


(1)設置届 → 使用検査 → 落成検査


(2)使用検査 → 構造検査 → 設置届


(3)使用検査 → 設置届 → 落成検査


(4)溶接検査 → 構造検査 → 落成検査


(5)溶接検査 → 落成検査 → 設置届

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« ボイラーの伝熱面積の算定方... | トップ | ボイラー(移動式ボイラー、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

資格」カテゴリの最新記事