goo

みかえり温泉



一昨日、用事で別府にでたとき
桂子が車の窓から「みかえり温泉」という矢印を見つけ
矢印に従って来てみると、こんなたたずまい。

大丈夫かな、もっと良さそうなところを探したほうがいいかな
と思ったのですが、まあ試しに入ってみることにしました。

大きいお風呂が300円。家族風呂1000円との表示。
とりあえず家族風呂に入ってみることにしたのですが・・・




何だか殺風景というか、独房みたいな雰囲気で湯船は小さい。
やっぱりハズレだったかなと思ってつかってみると
おお、これはいい湯だとすぐ感動しました。
少ししょっぱい塩化合物泉だったのです。




塩化合物泉の特徴は、よく温まることだそうですが
確かによく温まり、とにかく汗がよくでました。
それと通電するのか、手のひらがピリピリしました。

別府、恐るべし! 
本当に様々な種類の温泉がひしめきあっていて
とくにこのみかえり温泉は普通の住宅地のなかにあります。

やっぱり外見で判断してはいけないんですね。
桂子はまたここに来たいと言っています。
ひとにも紹介したいと。




「乳によく似たこの風呂だもの」というのは
どういう意味でしょうか?
塩化合物泉は海水の成分に似ているそうですが
それはつまり血液の成分に似ているということですね。
そしてそれはお乳に似ているということなんでしょう・・・・

ともかくよく暖まり、それが長時間持続しました。
« 晴天 金のなる木 »